集英社文庫<br> 喰寝呑泄(くう ねる のむ だす)

  • ポイントキャンペーン

集英社文庫
喰寝呑泄(くう ねる のむ だす)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 356p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087484960
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

「ワァ、そんなもの喰うの?!」「寝てから眠るのが早いのは…」「ワインの白と赤、どちらが偉い?」「七大陸を野グソで制覇!」―喰って、寝て、呑んで、泄す。人間の四大根源をなす営みを、テッテイ的に哲学すれば、生命および人生の真実が、ほのぼのと浮かび上がってくる。それぞれの分野で活躍する人の、オカシな体験談、ウンチクあふれる学説が、激論・激笑の渦を巻き起こす快談集。

目次

他人には言えないことばかり(永倉万治)
一度食べたらやめられない(前田泰治郎)
いつのまにやら「明日の友」(東海林さだお)
あゝあこがれのトカゲの“尻尾”(佐々木崑)
寝る、寝るとき、寝れば、(太地喜和子)
浅草海苔でパリッと拭く(加藤芳郎)
イソイソ食べる(西江雅之)
糞玉コロコロ(奥本大三郎)
史上最強の輪廻転生(前田日明)
酔粋世界紀行(佐治敬三)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ソラ

10
内容(「BOOK」データベースより) 「ワァ、そんなもの喰うの?!」「寝てから眠るのが早いのは…」「ワインの白と赤、どちらが偉い?」「七大陸を野グソで制覇!」―喰って、寝て、呑んで、泄す。人間の四大根源をなす営みを、テッテイ的に哲学すれば、生命および人生の真実が、ほのぼのと浮かび上がってくる。それぞれの分野で活躍する人の、オカシな体験談、ウンチクあふれる学説が、激論・激笑の渦を巻き起こす快談集。 2009/04/09

たーくん

2
ワァ、そんなもの喰うの?!」「寝てから眠るのが早いのは…」「ワインの白と赤、どちらが偉い?」「七大陸を野グソで制覇!」―喰って、寝て、呑んで、泄す。人間の四大根源をなす営みを、テッテイ的に哲学すれば、生命および人生の真実が、ほのぼのと浮かび上がってくる。それぞれの分野で活躍する人の、オカシな体験談、ウンチクあふれる学説が、激論・激笑の渦を巻き起こす快談集。 2016/12/11

おじゃぱめん

2
「タマネギは信用できる。レタスはいじけた感じ」の話から始まる、椎名誠の対談集。お相手は、作家・映像カメラマン・昆虫収集家・サントリーの初代会長と多岐にわたる。テーマは喰う・寝る・呑む・排す(排泄)。世界中の料理の話や、青春時代の思い出の味、各人の食へのこだわりが覗けて面白い。モンゴル人のクソは犬が喰っちまうとか、去勢した馬のタマを馬の尻尾に付けてブラブラだとか、!?な話が盛り沢山。特に西江雅之氏。子供が幼稚園で初めてご飯の存在を知ったというのだから驚愕。2012/01/09

takeshi3017

1
本書はサントリーの季刊誌「サントリークォータリー」で1989年3月から1992年12月まで、10回に渡って連載された対談をまとめたもの。以下に詳しい感想があります。 http://takeshi3017.chu.jp/file1/neta4503.html

カンパネルラ

1
対談集。かなり幅広い人達と話している。サントリーの広報誌に載せていたので、内容的にはいまいちな部分も少なくない。2008/03/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/515998

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。