集英社文庫<br> ガダラの豚〈3〉

個数:
電子版価格 ¥440
  • 電書あり

集英社文庫
ガダラの豚〈3〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月27日 11時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 297p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087484823
  • Cコード C0193

内容説明

通訳のムアンギ、テレビクルーたち。6人もの犠牲者を出して大生部は娘を取り戻した。「バナナのキジーツ」の志織を奪いに呪術師バキリは東京に来ている。番組関係者の回りでは次々奇怪な事件が起こる。司会者嬢の惨殺、清川の変死。元・プロデューサーの馬飼は大生部一家と大呪術師バキリが対決する生番組を企画した。光と影、呪いと祈り。テレビ局の迷路でくりひろげられる世紀末スペクタクル大団円。日本推理作家協会賞受賞作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nuit

207
最終巻!超絶エンターテイメント!子供ながらに70年代の超能力ブームにワクワクした自分としては、懐かしさもあいまって大満足!やはり、中島らも氏はただの酔っ払いではないよなぁ。ホラーな演出なんかも、スパスパと分かりやすく豪快で、最近の小難しいホラーよりも個人的にはこの時代の「ちょっとそれ!」とツッコミ入れたくなるような演出の方が好きだったりします(コメントへつづく→)。2017/10/05

ehirano1

163
読後感は良かったです。プロローグもここに来てきちんと回収されました。主人公の大生部教授、本書では「オオウベ」と読まれていましたが、当方は終始「ダイジョウブ」と呼んでいました。なんかその方がキャラクターを反映しているようで・・・・・。2017/07/09

藤月はな(灯れ松明の火)

112
断酒を決意した大生部の周辺に降りかかる残虐な殺人。これはバキリの呪いなのか?負のプラシーボ効果でトラウマを形成されて殺されたルイさん、清川さん、隆心老師も結構、好きだったのでこの展開は辛すぎるよ・・・。そして大衆の娯楽のために過激化するメディアとその闇を使った大虐殺の悍ましさに血の気が引きます。しかし、緊迫する中での武装ムーミンと中筋さんが何故、平刑事のままなのかには思わず、笑っちゃいました。そして真逆の『○○○○○』展開に吃驚。そういや、これも家族のために頑張るパパの物語だもんね。いや~、楽しかった^^2017/08/18

山田太郎

83
再読だけど、全然覚えてなかった。こんなとっちらかった話だったかな。しかし、いまどきこんなめちゃくちゃな話書く人いないので、本当に早死したのが惜しい。何回も言ってるけど、らもさんとナンシーの不在はいかんともしがたい。2016/02/18

masa

73
事故で娘を失ったアル中の大学教授夫妻を中心として、超常現象の解釈を「呪術」軸に描いた痛快なエンタメ。徹夜覚悟のスゴ本として広く知られていますが、前評判通りの面白さでした。特にマジシャンが新興宗教の超能力トリックを暴く第一章の完成度は高く、一気読み必至です。舞台をアフリカに移し、一転して信ずる処には呪いが存在することを科学的に接近した第二章のリアルさも不気味でハラハラします。幼い頃、超能力的なものが自分だけにはあって欲しいと願って風呂場でかめはめ波を練習した愚かな厨二心を刺激してくる第三章まで、楽しかった!2017/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/554000

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。