集英社文庫<br> 田辺聖子の古事記

  • ポイントキャンペーン

集英社文庫
田辺聖子の古事記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 314p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087484496
  • NDC分類 913.2
  • Cコード C0193

内容説明

玄妙な魅力で人々の心の夢をゆすぶる、すべての日本文学の「出できはじめの祖」―古事記。「国生み」「八俣の大蛇」「海幸・山幸」など謎を孕んだ神々の世界。初代天皇・神武から始まる恋と冒険の人間世界。神も人も古代の天地を心のままに駆けめぐって、笑い、怒り、戦い、愛し合う。少女時代から「古事記」の夢にとりつかれていた著者が、平明な美しい言葉で語る、壮大な日本のあけぼの。

目次

神々の饗宴
倭し うるはし
恋と叛逆の季節

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぴー

36
古事記の物語を田辺さんの訳で楽しむ。神々の名前に、必ず見開きに一度はふりがながふられており好印象。所々で注釈が入り、視点を広げてくれるのも楽しい。最初は、行動や気持ちがよめず、おおらかでいて気まぐれな神々の世界が広がっているが、次第に愛憎渦巻く人間臭い世界に変わっていく。いつしか神話が歴史と混ざり合い、今と神話の御代が繋がってくる。母語に通底する無意識の価値観なのだろうか、心の、普段手が届かないところに訴えかけてくる力を感じた。神話とは魅力的だからこそ恐ろしいものだと実感した。色々な人の訳で読んでみたい。2017/07/05

がんぞ

4
最近の研究では語り手=稗田阿礼は「女性だった」という説もある。田辺は『日本書紀』は男性社会が“大陸の隋・唐王朝に対し対等を主張した”書であるとすれば、古事記は女性社会が《社会の基礎をなすのは女性》原理を前提として書き下ろされたのではないか?と想像する。共通のテーマでも書紀は勇ましく、古事記は女性目線で戦士を思いやり、いたわる感覚が確かにある。神功皇后の話にしても古事記では悲壮感があるが、書紀ではやたら勇ましいだけ。記紀ともに白村江の敗戦を受けて、“半島での兵力使用の正当化”ではある。敗北は文藝を発達させる2016/11/28

かなで

3
すごく読みやすかった。途中に入る田辺さんの注釈もわかりやすくていい感じ。初心者向け古事記といったところ。2011/10/26

s

2
やりたい放題、おおらかで生き生きとした上巻も楽しいし、よく聞いた話の多いまだ神話が続く中巻も気持ち良く読める。愛憎渦巻く下巻は里中満智子先生の「天上の虹」に続いていく訳だな。と納得する。もうずっとこんなことしていて、今も変わらず揉めたり争ったり疑ったり、恋しくなったり募らせたりしているんだな。しかし、みんな思いを歌いまくる。格好いいんじゃないか。嫉妬の女王イワノヒメに対して嫉妬は女性本然の性質、旧来の婦徳という偽善の仮面を一蹴。彼女の自我とプライドは美しい。と書いた田辺さんに拍手喝采。2014/07/09

2
どれも面白いわたしの古典シリーズの中でも特に面白かった。国生みの話、天岩戸の話など知っている話も多く、古事記って日本人に浸透しているんだなと思う。西洋神話とも似通った話があったりするのが不思議。ちょっと突っ込み入れたいくらいおおらかで鮮烈な人々の魅力に、語り継がれてきた物語の力を感じる。2012/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/204266

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。