集英社文庫<br> 生還

個数:
電子版価格
¥671
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社文庫
生還

  • 小杉 健治【著】
  • 価格 ¥726(本体¥660)
  • 集英社(2019/04発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/20~8/25)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月22日 10時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087458701
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

鶴見弁護士は、24年前に妻の美紗を殺害したと疑われた悠木と冤罪被害者の会で知り合う。彼は、失踪した妻を捜しに郡上八幡へ通い続けている。今年の郡上おどりで、似た女性を見つけたが否定された。その頃、ジャーナリストの辰巳が刺殺され、悠木と接触した形跡があったため、また疑われる。彼を信じる鶴見は調査を開始するが…。美紗の失踪に隠された驚愕の真相とは!?書き下ろしミステリー。

著者等紹介

小杉健治[コスギケンジ]
1947年東京都生まれ。83年、データベース会社に勤務の傍ら執筆した『原島弁護士の処置』で、第22回オール讀物推理小説新人賞を受賞。88年『絆』で第41回推理作家協会賞、90年『土俵を走る殺意』で第11回吉川英治文学新人賞を受賞。時代小説も含め、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

168
鶴見弁護士シリーズ10巻目。あ~、蘭子さんのことが今回も棚上げに。今回は24年前に失踪した妻を今も捜している哀しい男の話だった。何となくモヤモヤ感が残る事件?記憶を無くしてたかぁ・・で、病かぁ。記憶が蘇っても夫の元に戻らなかった妻・美紗の気持ちに寄り添えない私。中山七里や郡上八幡・・訪れた事は無いが、郡上おどりをこの目で見てみたいなぁと思った。2019/07/02

ゆみねこ

67
24年前に失踪した妻を待ち続ける・悠木良二。妻を殺害したとの容疑で逮捕された冤罪被害者でもあった。鶴見弁護士の働きで妻の失踪の真実が明らかに。明かされた真実はとても切ないものでしたが、いい意味でのメロドラマ風で面白く読了しました。2019/07/28

yomineko@遊びまくって回復

48
ゆみねこさんからのご紹介です。もう本当に面白かったです!!!∞まどろっこしい展開もなく、スラスラサラサラ読めました。100点満点です!!読者登録が50人位なのが信じられないほどです。オススメです。2019/09/19

えみ

21
妻が忽然と姿を消した。失踪理由もわからず、それどころか生死もわからず、24年。警察に疑惑の目を向けられ、世間にも冷たい態度をとられ…。それでも24年間捜し続け、待ち続けた夫・悠木。ただ愛する妻に会いたい一心で。愛には様々な形があるけれど、長い間捜し続けていた妻に、ある出来事たった一つで会わなくてもよいと自分を納得できる悠木に妻への本気の愛を感じた。24年前、何があったのか。妻はどこへ消えたのか。『冤罪被害を考える会』で悠木と知り合った弁護士・鶴見は真相を探り始めるが、新たな事件が起きて…。その愛に泣ける。2019/07/19

のりオバ

20
ミステリーで、終盤にこんなに感動を強いられる作品は、珍しいと思いました。ともかく、私がイヤミス好きで、読後感が最悪&爽快なのが好きなことが、災いしているのですが・・・。最後の強制的感動と、バタバタと畳みかけるようなハッピーエンドと、出てくる人それぞれの(私にしては)有り得ないセリフが、私にとっては逆にイヤミスでした😱 伝統的な推理小説や感動ものが好きな方には、とても素晴らしい作品だと思いますし、ミステリーとしては、どんでん返しがあって面白かったです😄2020/08/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13659320
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。