集英社文庫<br> 日本を捨てた男たち―フィリピンに生きる「困窮邦人」

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり

集英社文庫
日本を捨てた男たち―フィリピンに生きる「困窮邦人」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年03月09日 16時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 303p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784087451382
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

出版社内容情報

女を追いかけてフィリピンに渡り、果ては無一文になった5人の「困窮邦人」。そのすさまじい生き様を通して、図らずも見えてくる現代日本の姿とは。第9回開高健ノンフィクション賞受賞作。(解説/橘玲)

内容説明

常夏の国フィリピンで、困窮生活を送る何百人もの日本人男性がいる。フィリピンクラブで知り合った女性を追いかけてきた男、偽装結婚のカモにされた男…所持金ゼロ、住む家もない彼ら「困窮邦人」に手を差し伸べるのは、フィリピンの貧しい人々だった。男たちのすさまじい生き様を通して現代日本の問題点をあぶり出す、渾身のルポルタージュ。第9回開高健ノンフィクション賞受賞作。

目次

第1章 フィリピン人に助けられて(寝場所は教会;困窮邦人 ほか)
第2章 利用された人生(新聞配達員の希望;偽装結婚 ほか)
第3章 逃げ続ける若者(追い詰められて;逃亡犯 ほか)
第4章 海外で失った自由(障害者施設;自己責任 ほか)
第5章 掛け違えたボタン(一直線の人生;キャンディ ほか)

著者等紹介

水谷竹秀[ミズタニタケヒデ]
1975年三重県生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。ウエディング写真専門のカメラマンや新聞記者を経て、ノンフィクションライターとしてフィリピンを拠点に活動中。2011年『日本を捨てた男たちフィリピンに生きる「困窮邦人」』で第9回開高健ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。