集英社新書<br> 音楽が聴けなくなる日

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり

集英社新書
音楽が聴けなくなる日

  • ウェブストアに77冊在庫がございます。(2020年07月05日 23時48分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087211238
  • NDC分類 760.69
  • Cコード C0273

内容説明

電気グルーヴのピエール瀧が麻薬取締法違反容疑で逮捕された翌日、レコード会社は全ての音源・映像の出荷停止、在庫回収、配信停止を発表した。近年ミュージシャンの薬物事件ではこのような対応が即座になされ、また強化されてきたが、その「自粛」は何のため、誰のためのものだろうか?こうした「自粛」に異を唱える著者たちがそれぞれの立場から問題の背景と構造を明らかにし、現代社会における「音楽」「薬物」「自粛」の在り方について考察を深めていく一冊。巻末の音楽自粛小史は必見。

目次

第1章 音楽が聴けなくなった日(ピエール瀧逮捕で電気グルーヴが聴けなくなる;署名提出とその後;自粛と再帰性;友達と、社会と)
第2章 歴史と証言から振り返る「自粛」(音楽自粛30年史;事務所、ミュージシャン、レコード会社それぞれの証言)
第3章 アートこそが社会の基本だ(快不快は公共性を持たない;アートの思想こそが近代社会の基本だ;好きなものを好きと言おう)

著者等紹介

宮台真司[ミヤダイシンジ]
1959年、宮城県生まれ。社会学者。東京都立大学教授。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了(社会学博士)。著書多数

永田夏来[ナガタナツキ]
1973年、長崎県生まれ。社会学者。兵庫教育大学大学院准教授。早稲田大学で博士(人間科学)を取得。専門は家族社会学

かがりはるき[カガリハルキ]
音楽研究家。ブログやSNSを拠点に研究・調査等を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ピエール瀧 電気グルーヴ 音楽自粛史 配信停止 サブスクリプション 出荷停止 在庫回収 配信停止 槇原敬之 薬物事件 尾崎豊 長渕剛 音楽自粛史 レコード会社 トリエンナーレ 岡村靖幸