集英社新書<br> 美意識の値段

個数:
電子版価格 ¥836
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
美意識の値段

  • 山口 桂【著】
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • 集英社(2020/01発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年10月27日 00時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087211085
  • NDC分類 707.9
  • Cコード C0236

出版社内容情報

美術オークション サザビーズ クリスティーズ アート 現代美術 西洋美術 東洋美術 オークション 日本美術 コレクター バンクシー 学芸員 真作 贋作 美術史家 真贋 杉本博司 福岡伸一 平野啓一郎

内容説明

クリスティーズは世界二大オークション・ハウスのひとつ。その日本法人の社長である著者は、長年東洋美術部門インターナショナル・ディレクターをつとめ、日本美術のスペシャリストとしてさまざまな美術品と出会い、オークションを通じて、多くの作品の橋渡しをしてきた。本書は、オークションを取り巻く個性あふれる関係者、セールでの駆け引きはもちろん、美術品との数奇な出会い、真贋の見分け方、「歴史の一部」を預かるトップコレクター達の誇り、そして欧米でのオークション・ハウスと人々の関係等の逸話を紹介。そして日本美術への想いを通して、アートと共にある生活を提案し、美意識の磨き方とそれをビジネスや人生に活かす視点を示す。

目次

第1章 美術品オークションと云う世界
第2章 私のアート半生記
第3章 美術品を巡る世にも不思議な物語
第4章 日本美術、その鑑賞の流儀
第5章 審美眼の磨き方
第6章 美意識を生活に活かす

著者等紹介

山口桂[ヤマグチカツラ]
1963年東京都生まれ。クリスティーズジャパン代表取締役社長。京都造形芸術大学客員教授。立教大学文学部卒業。1992年、クリスティーズに入社し、日本・東洋美術のスペシャリストとして活動。一九年間、NY等で海外勤務をし、2008年の伝運慶の仏像のセール、2017年藤田美術館コレクションセール、2019年伊藤若冲作品で有名なプライス・コレクション一九〇点の出光美術館へのプライベートセールなど、多くの実績を残す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

81
これは面白い。オークションで有名なクリスティーヌジャパンの社長。専門は日本美術。日本美術品の特徴はその多くが日常品であったこと。オークションの功罪は種々あるも、海外の日本美術品は「文化外交官」であるという考え方に納得させられる。彼が関わり日本に里帰りした日本美術も多数あり、時代に翻弄された美術品の流転にこそロマンがある。我々は海外の美術館にある誇るべき日本美術品のどれ程を語ることができるのだろう?日本人は自国の文化をもっと知るべきという気になる。著者の言う東京での御社のオークションを是非実現させて欲しい。2020/04/11

inami

33
◉読書 3 著者は世界二大オークション・ハウス「クリスティーズ」ジャパンのトップ。本書ではそのスペシャリストの仕事について解説、美術品の「価値付け」がどのように行われるか等、さまざまなエピソードを交えながら紹介。フェルメール作「エマオの食事」をドイツ高官に売った罪で逮捕・起訴された「メーヘレン(天才的贋作画家)」だが、この作品実は彼がが描いたもの、彼は「売国奴」から一転、「ナチス・ドイツを騙した男」として英雄視された・・著者が選ぶ「必見日本美術」ベスト30(ベスト10は写真あり)は、是非一度観てみないと!2020/02/17

コニコ

19
冒頭から興味深い3Dの話。有名コレクターの作品をゲットする最も重要な機会は、Death死、Divorce離婚、Debt負債の3つのDだというのだ。美術品を観ることのみで、売ったり買ったりとは縁のない私だが、この本を読んで、来歴を知ったり、その作品ができた当時は、それが現代美術だったりということを考えるのも美術品の楽しみ方だと知った。素晴らしい作品に出会うことは、素晴らしい人と出会うことと同じで、良い作品を観ることで目利気になり、人を見る目も養うことになると言っていることも肯ける。2020/09/28

おおにし

17
読書会課題本。美術品の値付けのポイントは(1)相場、(2)希少性、(3)状態、(4)来歴。来歴とは、同じ作家の作品でも著名人のコレクションなら高額となること。美術品にもストーリーが必要なのだと納得した。アートに対する審美眼を磨くことが大切だと著者は言うが、のめりこむと鑑賞だけでは飽き足らず自ら所有したくなりそうでちょっと怖い。2021/02/28

武井 康則

11
オークションハウス、クリスティーズで働いたエピソード、なぜそんな職につけたかで語り始める。美術品を売買するが、物よりビジネスの話が中心で、美術品の話になるのは、第四章から。第三章までで、頭がすっかりビジネス書になっているので、後半の美術作品が入ってこない。構成として、まず第四章から語るべきだった。日本の芸術品は日本を雄弁に語る文化外交官であるなどと面白い所もあるので残念。2020/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15003898

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。