集英社新書<br> 心療眼科医が教える その目の不調は脳が原因

個数:
電子版価格 ¥847
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
心療眼科医が教える その目の不調は脳が原因

  • 若倉 雅登【著】
  • 価格 ¥946(本体¥860)
  • 集英社(2019/06発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 16pt
  • 提携先に3冊在庫がございます。(2021年09月22日 12時33分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 250p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087210828
  • NDC分類 496
  • Cコード C0247

出版社内容情報

まぶしくて見えない! ぼやけたり歪んだりして見えない! まぶたが開かない!
スマホ・パソコンで目を酷使する影響か、視覚の不調を訴える人が増えている。
しかし、眼科で検査しても「異常は見つからない」。なぜか? それは見えない原因が
「眼球」ではなく「脳」や「視覚の回路」にあるからかもしれない。
眼科で診断不可だった症状を数多く治療してきた神経眼科・心療眼科の第一人者である著者が、
現代人に頻発する目の不調を、脳や神経、心の問題と絡めながら解説。
いろいろな症状を紹介することで、似た症状に苦しむ人の参考になる上に、
目と視覚の基礎知識、意外で面白い目の不思議が学べる一冊。

本書で紹介する主な症状
●まぶしくてまぶたが開けられない!
眼瞼けいれん…目が開かず、頭を後ろに反らさないと前が見えない
眼球使用困難症候群…目を開けていると目の激痛や吐き気がする
●視覚ノイズで見えない!
シャルル・ボネ症候群…視野に小雪や砂嵐や人の顔が見える
閃輝暗点…視界の一部にギラギラ輝くものがあらわれる
小雪症候群…視野全体に雪が降っているように見える
視覚ストレス症候群…文章の行間が光って見える
●ぼやけたり歪んだりで見えない!
複視…一人のはずが二人に見える
眼窩窮屈症候群…近視が進んで眼球が大きくなり、目の奥が窮屈に
目鳴り…見え方の左右差が生じる苦しみ
スマホ内斜視…スマホの見過ぎで斜視になる子供が急増中!
高次脳機能障害…事故の影響でぼやけ、めまい、ふらつきを発症
●手術・服薬で見えなくなった!
白内障手術をしたら見えなくなった!術後の脳対応の遅れ
レーシック手術で「過矯正」「眼痛」を発症
ベンゾジアゼピン系眼症…睡眠導入剤の副作用で目が痛い
──などなど

【著者略歴】
若倉雅登(わかくら まさと)
1949年、東京都生まれ。北里大学医学部を卒業後、同大学助教授などを経て、
2002年より日本でもっとも歴史ある眼科専門病院井上眼科病院院長、
12年より名誉院長に就任。日本神経眼科学会理事長などを歴任し、
現在は目と脳の関係異常による病気を扱う「神経眼科」「心療眼科」の第一人者として活躍。
主な著書に『絶望からはじまる患者力』、『医者で苦労する人、しない人』(ともに春秋社)など多数。


内容説明

眼科で診断不可だった症状を数多く治療してきた神経眼科・心療眼科の第一人者である著者が、現代人に頻発する目の不調を、脳や神経、心の問題と絡めながら解説。いろいろな症状を紹介することで、似た症状に苦しむ人の参考になるとともに、目と視覚の基礎知識、意外で面白い目の不思議が学べる一冊。

目次

序章 街の眼科医が気付けない目と心の世界
第1章 眼と脳に関する基礎知識
第2章 眩しくて瞼が開けられない!
第3章 視覚ノイズで見えない!
第4章 ぼやけたり歪んだりで見えない!
第5章 高次脳機能障害
第6章 手術・服薬で見えなくなった!
第7章 精神医学とのコラボ
第8章 患者自身が賢くなろう
終章 患者目線とコンコーダンス

著者等紹介

若倉雅登[ワカクラマサト]
1949年、東京都生まれ。北里大学医学部を卒業後、同大学助教授などを経て、2002年より日本でもっとも歴史ある眼科専門病院「井上眼科病院」院長、12年より名誉院長。日本神経眼科学会理事長などを歴任し、現在は目と脳の関係異常による病気を扱う「神経眼科」「心療眼科」の第一人者として活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

おいしゃん

34
目と精神が密接に関わっているのは、日々嫌というほど実感しているので、こういうことに目を向けている専門家がいるというのを知っただけでも心強い。2020/02/20

ジュリ

3
目に入ってきた情報は脳が処理をしている。3歳くらいまでの子どもが、長時間ゲームやスマホを見ていると急性内斜視になってしまうことがあるようなので、小さな子どもを持つ人は気をつけて欲しい。2021/04/27

Ruby22

1
心療眼科の大家による著作。『ものは眼で見ているのではなく、眼からの信号が脳に伝わってはじめて見える』ことが繰り返し書いてある。心療眼科、神経眼科というのはもっと広まっていいと思う。2019/09/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13892462

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。