集英社新書<br> 非モテの品格―男にとって「弱さ」とは何か

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

集英社新書
非モテの品格―男にとって「弱さ」とは何か

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087208559
  • NDC分類 367
  • Cコード C0236

内容説明

性体験、雇用、加齢、家族…。男性の抱える悩みが今ほどクローズアップされた時代は、過去にないだろう。男はなぜ、今の世を生きづらく感じるのか。根底にある男の「弱さ」、その先に見える「新たな男らしさ」とは?本書は、客観的な突き放した立場からではなく、男性たちの弱さに寄り添いながら問題と向き合い、たとえ愛されず、承認されずとも、優しく、幸福に生きていく方法を探った全く新しい男性批評である。

目次

第1章 男にとって弱さとは何か?(自分の弱さを認められない、という“弱さ”;男たちの自己嫌悪―フェミニストたちの死角;男性は女性よりも自殺しやすいのか? ほか)
第2章 男のルサンチマンについて―非モテの品格?(雇用・労働問題とジェンダー構造;男性たちのアイデンティティ・クライシス;マジョリティ男性たちのねじれた被害者意識 ほか)
補論1 認められず、愛されずとも、優しく、幸福な君へ
第3章 男のケアと子育てについて―そして父になる、男になる(ケアワーカーたちがケアを必要とする;「依存」は例外ではない;子育ての不思議さ ほか)
補論2 弱く、小さき者から

著者等紹介

杉田俊介[スギタシュンスケ]
1975年生まれ。批評家。自らのフリーター経験をもとに『フリーターにとって「自由」とは何か』(人文書院)を刊行するなど、ロスジェネ論壇に関わった。また二〇代後半より障害者ヘルパーに従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

性体験、雇用、加齢、家族……。男はなぜ、今の世を生き辛く感じるのか。男性たちの弱さに寄り添いながら問題と向き合い、優しく、幸福に生きていく方法を探った全く新しい男性批評。




杉田 俊介[スギタシュンスケ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件