集英社新書<br> ラグビーをひもとく―反則でも笛を吹かない理由

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

集英社新書
ラグビーをひもとく―反則でも笛を吹かない理由

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月21日 07時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 253p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087208436
  • NDC分類 783.48
  • Cコード C0275

出版社内容情報

公認レフリーの資格を持つ著者が、ラグビーの歴史とゲームの仕組を丁寧にひもとき、競技の奥深さとワンランク上の観戦眼を提示する。入門書でありつつディープな、画期的ラグビー教本!




李 スンイル[リスンイル]

内容説明

ラグビーは、そのスピードと迫力に圧倒されるが、反面、「ルールが分かりにくい」という声も多い。なぜボールを前に投げられないのか?なぜ、反則があっても審判が笛を吹かずに「流す」のか?本書では、公認レフリーの資格を持つ著者が、ラグビーの歴史とゲームの仕組みを丁寧にひもとき、競技の奥深さとワンランク上の観戦眼を提示する。入門書でありつつディープな、画期的ラグビー教本!

目次

序章 フットボールとレフリーをひもとく
第1章 オフサイドをひもとく
第2章 スクラムをひもとく
第3章 ラック、モールをひもとく
第4章 タックルをひもとく
第5章 ラインアウトをひもとく
終章 『ラグビー憲章』をひもとく

著者等紹介

李淳〓[リスンイル]
1961年生まれ。フリーライター。関東ラグビーフットボール協会公認レフリー。一般社団法人「ラグビー・レフリー・リサーチ・センター」理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やせあずき

52
とかくラグビーはルールが難しく、何をやってるのか分からない、と多くの方が思うところですが、実は、知れば知るほど、こんなに面白いスポーツがあったのか‼︎と、体育会系でもない私が、最近夢中になってます。ラグビーを覚える近道は、テレビの副音声のルール解説を聞きながら、まずは試合を見ることです。見続けていると、だんだん分かってきます。ある程度わかってからこの本を読むと、ラグビーの良さがストンと腑に落ちること請け合いです。追伸:平尾誠二さんのご冥福をお祈りします2016/10/21

薩摩隼人

9
こんな本を遥か昔の高校ラグビー部当時に読んでいたとしたら、少しはプレーが真面になったんじゃなかろうか? ラグビーというスポーツは、ゲームをやってる本人達もルールを完全には把握していない、とよく言われます。そんな不思議なラグビーの、不思議な部分をまさしく紐解いてくれる、解りやすい内容です。 サッカーから別れ独自の価値観を培って、ラグビーというスポーツは唯一無二の文化になった!2019/11/28

のぶさん

7
ラグビーのルールの解説本です。スクラム、ラック、モール、ラインアウトなどのオフサイドやその他の反則について、とても詳しい解説がなされています。それ以上にこの本が面白いのは、タイトルの通り、ラグビーの起源や歴史、ルールの背景から説き起こしていることです。ラグビーでなぜ反則が見逃されることがあるのかも歴史をひもとけば、すっと腹落ちしました。2017/01/18

夜郎自大

6
古いラグビー経験者でもわかりにくい現在のルール。歴史から見ていくとなぜこのような決まりがあるのか、理解がしやすい。これは世の中の事象を解読するのに役立つアプローチ方法ではないだろうか。2021/08/22

鳥義賊

6
ラグビーのルールって今でも毎年微妙に変わってるんですけど、それぞれの歴史的なものを教えてもらうと「なるほど」と思います。でもやっぱり難しいなあ(笑)2016/08/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11099916

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。