集英社新書<br> 世界「最終」戦争論―近代の終焉を超えて

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

集英社新書
世界「最終」戦争論―近代の終焉を超えて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月26日 07時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 250p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087208368
  • NDC分類 304
  • Cコード C0231

出版社内容情報

いよいよ混迷を深める世界と社会の情勢。その背景には、世界史レベルのパラダイム(知的枠組)の地殻変動がある。顕在化する近代の崩落過程についてリベラル派を代表するふたりが深く語り合う。




内田 樹[ウチダタツル]

姜 尚中[カンサンジュン]

内容説明

アメリカの国力の低下と共に勃興する諸大国の新たな覇権主義。拡大する中東の戦乱、国境を越える大量の難民、欧州のテロ事件。行き過ぎたグローバル経済と格差社会。国内に目を転じれば大規模な災害が起こる中、平和主義の戦後レジームからの脱却を主張する動きが勢いを増している。いよいよ混迷を深める世界と社会の情勢。その背景にあるのは、世界史レベルのパラダイム(知的枠組)の地殻変動である。顕在化している近代の崩落過程についてリベラル派の言論人を代表するふたりが語り合い、難局を避けるために必要な世界の見取り図を提示する。

目次

序章 問題提起 世界は「最終戦争」に向かっているのか
第1章 液状化する国民国家とテロリズム
第2章 我々は今、疑似戦時体制を生きている
第3章 帝国再編とコミューン型共同体の活性化
第4章 グローバリズムという名の「棄民」思想
第5章 シンガポール化する日本
第6章 「不機嫌な時代」を暴走させないために

著者等紹介

内田樹[ウチダタツル]
1950年東京都生まれ。神戸女学院大学名誉教授。思想家・武道家

姜尚中[カンサンジュン]
1950年熊本県生まれ。東京大学名誉教授。政治学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tαkαo Sαito

51
先入観抜きで読んだらとても勉強になった。またコロナという文脈で読むと、半分くらい「予言の書」みたいな感じになってる笑? 4年前の書籍だが内容が新鮮。国家、政治、国防、都市構造、建築、難民 など人類がこの200年程度で一生懸命築いてきた文明や顕在化したままの問題を含め、世界を大きく変えるのは「戦争」によって、ではなくウイルスの到来によって早まってしまうだろう。非常にシニカルで的を射た内容で読み応えがあった。文明の転換期にある私たち人類は立ち上がれるのか、はたまた破滅へと突き進むのか、静観していきたいと思う。2020/05/06

もりくに

29
1950年生まれの「大風呂敷」の内田さんと、ち密な思考の姜さん。さて、話がかみ合うのか、お立会い。合うんですねー これが。主に姜さんが「聞き役」「引き出し役」に廻って。まず、度々「テロ」に見舞われるフランスについて。近代市民革命の「誇るべき成果」の一つ、「政教分離の原則」を、「宗教は私事ではなく、公的生活においても信仰に準拠してふるまいたいと言うなら、私は受け入れる。」と。まず、「私」が先に譲る非対称的な振る舞いが、「共生」には不可欠と。ムスリムの移民、難民に悩む状態は、日本に居れば正直、理解が及ばない。2018/04/30

Tenouji

28
イスラエルの旅の直後に読んだので、内容が染み渡る感じw。遊牧民の旅人を受け入れる姿勢。日本人には、そのような感覚があるようで、ないような感じ。人間的な身体感覚に基づいた、合理的で実践的な社会の構築。いろいろ、思考を刺激される内容。2冊読みの感想ブログにも書きました。https://tenouji.hatenablog.com/entry/2019/01/25/2326272019/01/25

さきん

26
左派リベラルと右派保守の違いには、経済成長を目指すか否かに大きな違いがある。姜氏に至っては、近代化が朝鮮民族を含む棄民を発生したという点からも経済成長前提ではない社会を作る必要ありと主張。また、ドイツ移民受け入れに対しては肯定的な評価。グローバリズムに対する批判や急激な近代化が棄民を大量に生み出したことはその通りだと思うが、経済成長を前提にしない社会は、禁欲社会を意味し、社会の停滞を強めるので同意しかねる。2018/01/08

呼戯人

20
世界「最終」戦争は、トルコとシリアの国境で起こるか、朝鮮半島で起こるかのどちらかだというのが、内田樹と姜尚中の見立てである。近代国民国家が液状化して、古代・中世のような帝国が出来上がりつつあるというのも二人一致した意見である。テロは決して終わらないし、現代は準戦時状態であるというのも二人の共通した意見である。こんな状態を作り出したのは、新自由主義とグローバリズムであるというのも共通している。果たして日本も戦争に巻き込まれるのか?いやそうではない。日本も日本のビジネスマンも戦争を欲している。金儲けのために。2016/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11032839
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。