集英社新書ヴィジュアル版<br> 伊勢神宮とは何か―日本の神は海からやってきた

個数:
  • ポイントキャンペーン

集英社新書ヴィジュアル版
伊勢神宮とは何か―日本の神は海からやってきた

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年12月16日 01時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087207965
  • NDC分類 175.8
  • Cコード C0214

内容説明

一三〇〇年余りの歴史を誇る神事「式年遷宮」の開催により、参拝者数を伸ばし続ける日本最高峰の聖地、伊勢神宮。日本民族の総氏神とされる「天照大神」を祀り皇室の祖神とされるこの社は、いかなる過程を経て成立したのか。世界の聖地を研究してきた宗教人類学者がフィールドワークを重ね、「伊勢の神々は海からやってきた」という興味深い解釈に迫る。長年伊勢神宮を撮り続けてきた写真家が切り取った写真とともに、綿密な調査により獲得した思考からひもとく「伊勢神宮論」。

目次

第1章 伊勢神宮フィールドワーク
第2章 志摩の磯部へ
第3章 水の神
第4章 遷宮という仕組み
第5章 サルタヒコとは何か
第6章 的矢湾クルーズ
特別対談 「祭りの場としての伊勢神宮」

著者等紹介

植島啓司[ウエシマケイジ]
1947年、東京都生まれ。宗教人類学者。京都造形芸術大学教授。東京大学卒業後、同大学院人文科学研究科博士課程修了。NYのニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ客員教授、関西大学教授を歴任し現職

松原豊[マツバラユタカ]
1967年、三重県生まれ。名古屋ビジュアルアーツ卒業後、撮影アシスタントなどを経て独立。2013年の第62回「伊勢神宮式年遷宮」の記録撮影(御遷宮対策事務局)を担当その他、雑誌媒体や企業広報誌で三重県を中心に活動している。公益社団法人日本写真家協会会員。名古屋ビジュアルアーツ非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

一昨年に開催された神事「式年遷宮」で、より注目を集める伊勢神宮。膨大な写真とともに、著者が丹念なフィールドワークから「伊勢の起源は海にある」という新たな解釈に迫る、新しい「伊勢神宮論」!

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件