集英社新書<br> 地震は必ず予測できる!

個数:
電子版価格 ¥671
  • 電書あり

集英社新書
地震は必ず予測できる!

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年02月22日 17時12分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 172p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087207729
  • NDC分類 453.3
  • Cコード C0244

出版社内容情報

測量学の権威である著者は「地表の動きを記録したデータ」を根拠とする地震予測法を開発。2013年以来、震度5以上の地震を確実に予測し、警告を発してきた。画期的な地震予測のメカニズムが明らかに!

内容説明

地震学者は、目に見えない「地下」の動きを研究するのに対して、測量学の権威である著者は、人工衛星で測定した「地表の動きを記録した数値データ」を根拠とする、独自の地震予測法を開発した。そして、メルマガ発行を開始した2013年以来、伊予灘地震、伊豆大島沖地震、飛騨地方群発地震など震度5以上の地震を確実に“予測”し、警告を発してきた。画期的な地震予測のメカニズムが、本書で余すところなく明かされる!

目次

序章 なぜあのとき「予測」を公表できなかったのか―三・一一への悔恨(不吉な予測が現実に;同じ過ちは繰り返さない ほか)
第1章 三・一一前から観測されていた前兆現象(なぜ門外漢が「地震予測」に取り組むのか;GPSを使った地震予測研究への誘い ほか)
第2章 日本列島はどこもかしこも歪んでいる(浅い断層図だけでは分からない地下の動き;地震の確率論は当てになるか? ほか)
第3章 「予知」は無理でも「予測」はできる(地球はグローバルに動いている;津波はジェット機並みの速度で到達する ほか)

著者等紹介

村井俊治[ムライシュンジ]
1939年生まれ。東京大学名誉教授(測量工学)。公益社団法人日本測量協会会長。地震科学探査機構(JESEA)顧問。2000年の定年退官まで、東京大学生産技術研究所教授をつとめる。現在、メルマガ「週刊MEGA地震予測」を発行中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

221
普段我々が位置を知るのに使うGPSの応用で地震を予測すると言う。この予測がどんどん正確性を増して行けばいいなと思う。私もメルマガを登録してみたい。2015/06/07

あーさん☆『薬屋』と『本好き』推す!(⁠≧⁠▽⁠≦⁠)

107
前兆は絶対にあるのだから、対策は練ってもらいたいよな( ̄▽ ̄;)さっさと富士山周辺を予測して、噴火について考えてもらいたいと思った本( ̄~ ̄;)2019/02/25

kinkin

59
地震の予測ができるようになればいいなあと思っていた矢先図書館で見つけた本。地震学ではなく測量学が専門だった著者がGPSなどを使って地表の歪みなどから地震の予測をするというもの。そのメカニズムは読んでも科学オンチの私にはよく理解できなかった。ただこんな予測の仕方があっても地震学という見地からすると邪道みたいな考え方で捉えることが分かった。学問の間口というのは狭いのだな。当たるからよくて当たらないのは悪いという考え方もいけない。ではどうすべきかということはやはりこれは学問の垣根を超える必要があるのかな・・・・2016/11/18

壱萬弐仟縁

39
序章で懺悔の言葉が書かれている。3・11の前兆現象を公表できなかったことから。異常を発見した方法は、三角形面積変動率という、3つの電子基準点を結んだ三角形の面積の変動率を計算して、地表の歪みを測るもの(27頁)。400年間で30回の死者千人以上の大地震がありました(83頁)。首都圏に累積変位がたまっている(103頁)。火山活動、噴火があると地震が誘発されやすい(132頁)。日本で一番動いているのは硫黄島(134頁~)。飛彈・甲信越は要注意:山ノ内は突出して隆起。王滝、高遠の沈降が大きく要注意(153頁)。2016/04/15

Gamemaker_K

8
学問領域の垣根を取り払え、といろんなとこで言われているんだから、地震予測についても、みんなで仲良く取り組んでほしい。ってのが、いつ東海地震が来てもおかしくないと言われているところに住むオイラが一番強く思ったことでした。2015/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9222858
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。