集英社新書<br> 百歳の力

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

集英社新書
百歳の力

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年06月30日 13時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 185p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087207439
  • NDC分類 728.216
  • Cコード C0236

出版社内容情報

100歳を過ぎた今も世界的に活動する美術家・篠田桃紅。長生きするにはどうすればいいか、いつまでも“現役"かつ“第一線"で活躍し続けるには何が必要か?など、示唆に富むアドバイスが満載!

内容説明

百歳を過ぎた今も現役で活動を続ける美術家・篠田桃紅。墨や金箔などで構成する大胆な抽象画は、海外からも高い評価を得る。女学校を卒業したら、その多くがお見合い結婚する時代に、「くじびきみたいな結婚なんて、とんでもない」と独身を貫き、戦後、まだ海外へ行く人がほとんどいない時期に、単身ニューヨークへ渡って個展を開くなど、その行動は前例のないことばかり。「常識の世界に生きなかったから長生きできた」、「人生というものをトシで決めたことはない」と断言する著者が、年齢に関係なく、いつまでも第一線で活躍するための秘訣を語る。

目次

第1話 常識の世界に生きなかったから、長生きできた
第2話 苦労なんかしてないわね。したいこと、してるだけ
第3話 人間としてやることはもう全部やっちゃったみたい
第4話 人生というものをトシで決めたことはない
第5話 “美”とは、相反する両極を持つこと。そこに一切がある
第6話 人生の予測は立てられない。すべてなりゆきまかせ

著者等紹介

篠田桃紅[シノダトウコウ]
美術家。1913年3月28日、旧満州・大連生まれ。五歳の頃から父に書の手ほどきを受け、桃紅という雅号が付けられた。墨を用いた抽象表現という新たな芸術を切り拓き注目を集め、1956年、単身ニューヨークへ渡り、個展を開いて絶賛を受ける。作品は国内だけでなく海外の美術館にも多数、所蔵されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どんぐり

48
篠田桃紅(しのだとうこう)さんは、いまも墨を用いて抽象画を描く現役の美術家だ。百歳になったとき、長生きの秘訣は、と聞かれて、「トシのことを考えないこと」と答えている。「みんな常識人で固まっていたら、こんな退屈な世の中はないですよ。芸術というのは常識外で、さもなくばレディー・ガガなんて人は出てこないじゃない。だけどああいう人がいれば、みんなおもしろいってことになる」。100歳を超えて、レディー・ガガを知っているなんてすごいな、と変なところで感心してしまった。2014/12/14

ヒロミ

47
墨の線による抽象美術家・百歳を超えた篠田桃紅さんの語り下ろし自伝。文学にも造詣の深い桃紅さん。まだ独り身の私からすると、ずっと独身を通しておられる彼女の言葉には勇気付けられた。「自由とは自分にのみ依っていること」という言葉が印象的だった。人は皆、オリジナルで個性的でユニークかつ孤独な存在。本書からはそんなメッセージを受け取った。「運命だからあんな性格なのではない、性格が運命をつくる」という話も感銘を受けた。一度しかない人生はどう転んでもなるようにしかならない。たとえわずかでも心のままに生きたい。2015/11/14

miyu

43
母の本棚から。紹介文に惹かれて読んでも「皆が実践出来る」長生きの秘訣なんて書いてないです(笑)桃紅さんだからこそ出来たんだなぁと。自分のみに依って生きたいと思う女性にとって、彼女が駆け抜けた時代は今からは想像不可能なくらいに過酷だったろう。しかし本人は「好きなことやって来たしワケわからない他人に依りたくなかったから」と淡々としたもの。物事をあまり深刻に取らない性格も幸いしたのかも。愚痴も無くよそからの影響で何かを決めたりもしない素敵女子(失礼!)リタイアしたらまた書を始めたいと考える私にとっては心の師だ。2015/05/20

はちてん

33
桃紅氏の「桃紅百年」を読んでいたので重複が多かった。自分語りなので当然か。百歳を越え現役でアート作家なのだから、一言でスーパーウーマン。長生きの秘訣とかアート界で成功する方法に興味ある方には向かない内容です(笑)自分語りという点で、ふれたくない事の詳細は語らないし矛盾した記述も仕方がないと思う。立派な方なのだろうが、私は桃紅氏の作品がよくわからない。生涯独身であることの記述が多い気がした。うらはらな心持ちも感じる。意外にも芥川がお好きなようだ。2015/05/22

くぅ

29
一世紀生きるってどんなことかとても想像できない。まして桃紅先生が20〜30代のときの情勢を考えると、嫁がず実家に居座らず、一人で身を立てて生きるということやアメリカに行くということも聞く以上に大変な事だったはず。雨は降るときには降るし、いくら日が照ってほしいと言ったって、照らない日は照らない。人っていうものも同じ。いい意味であまり深く考えたり期待したり我慢したりせずに生きるのが有意義に生きる秘訣なのかも。2015/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8132937

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。