集英社新書<br> 書物の達人 丸谷才一

個数:

集英社新書
書物の達人 丸谷才一

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月21日 08時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 185p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087207415
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0295

出版社内容情報

小説、随筆、評論、翻訳、連句など幅広い領域で活躍し、文学における「達人」であった丸谷才一の業績を、各界の第一人者であり、かつ生前の丸谷と親交が深かった豪華講師陣が、多角的に解読する一冊。

内容説明

小説、随筆、書評、翻訳、連句など幅広い領域で活躍し、まさに文学における「達人」であった丸谷才一。その文学世界を解読して大好評を博した連続講演(世田谷文学館 二〇一三年)を書籍化。各界の第一人者であり、かつ生前の丸谷と親交が深かった豪華講師陣が、丸谷文学の全貌を多角的に明らかにする。文芸評論、書評、和歌、フランス文学、歌舞伎…視点の異なる各論考が“丸谷才一”で一本につながり、大文学者の多彩な魅力が改めて浮かび上がる。生前の丸谷との貴重なエピソードも収録。

目次

第1章 昭和史における丸谷才一(川本三郎)
第2章 書評の意味―本の共同体を求めて(湯川豊)
第3章 快談・俳諧・墓誌(岡野弘彦)
第4章 官能的なものへの寛容な知識人(鹿島茂)
第5章 『忠臣蔵とは何か』について(関容子)

著者等紹介

菅野昭正[カンノアキマサ]
フランス文学者。世田谷文学館館長。1930年神奈川県生まれ

川本三郎[カワモトサブロウ]
評論家。1944年東京都生まれ

湯川豊[ユカワユタカ]
文芸評論家。元文藝春秋編集者。1938年新潟県生まれ

岡野弘彦[オカノヒロヒコ]
歌人。國學院大學名誉教授。1924年三重県生まれ

鹿島茂[カシマシゲル]
フランス文学者。明治大学教授。1949年神奈川県生まれ

関容子[セキヨウコ]
エッセイスト。東京都生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あきあかね

34
 小説家、エッセイスト、批評家、書評家、文学研究家など多様な顔を持つ丸谷才一。本書は、2011年の没後に世田谷文学館で行われた連続講演をまとめている。 文学と社会とを結びつける書評文化を日本に根付かせた意義を語る湯川豊、丸谷作品の内にある兵隊体験の記憶に着目した川本三郎など、六人とも違った切り口で丸谷作品の魅力に迫る。 瀟洒で上品なユーモアのある、工芸細工のような仕掛けにあふれた作品の数々。それらの背後には、自由な意思を失わせる権力や権威、その最たるものとしての戦争への抵抗が、決して声高にではなく⇒2019/12/13

KAZOO

20
丸谷才一さんに関する講演集を本に収めたものです。丸谷さんの作品についてはもちろんのこと人となりについてもなまの丸谷さんの生きざまについても面白く感じることができました。このような本を読むともう一度再読しようと思う本が増えて困ります。2014/09/07

トンボ玉

20
丸谷才一と交流のあった人達の講演を本にしたもの。それぞれが読み応えがあり面白かったです。意外と言っては失礼ですが、岡野弘彦が一番面白かったし、丸谷を偲んでいる気持ちが見えて本当に良かった。そして、岡野が折口信夫の生徒であり、國學院を卒業してから内弟子のような形で同居しその死を看取ったと書いてあり驚きました。丸谷の著作は膨大ですから時間はかかりますが、いずれ折口も読んでもう少し日本文学に対する見晴らしを良くしたいので、この話は興味深いものでした。2014/08/09

みつ

6
氏の没後1年を経ずして行われた連続講演会の記録。小説(戦争との関係、およびモダニズムの文脈で)、書評、和歌と連句、忠臣蔵論と、氏の遺した多彩な文業に光を当てる。ただ、あと二つ、重要なものに詳しく触れられていないのが残念。ひとつは日本語関連(特に「文章読本」は、類書中最高傑作では?)、もうひとつは「男性対女性」を始めとする軽妙洒脱なエッセイ(「雑文」とも。)。思えば、12巻の「全集」でもこの2つのジャンルの扱いは不当に軽い気がする。管見では氏の作品中最も魅力的なこの分野が、今後忘れ去られないかちょっと心配。2020/12/19

猿田康二

5
小説家、書評家、エッセイスト、翻訳家、ジャーナリスト、編集者、そして挨拶の名人とあらゆる顔を持つ丸谷氏へ、彼の各分野別の後継者達が追悼文を綴ったのが本書。各章ごと丸谷氏の色んな顔がわかり、日本文学界の巨星を亡くした喪失感が蘇る。特に出色なのが鹿島茂氏の章で、丸谷氏の生き方を「官能に不寛容な軍国主義や国家権力に作品・行動・批評で抵抗した反骨の人」と評している。そして「新しいものなどなく古いものを並び替えて作品とするモダニズム文学を目指した人」と、論じている。丸谷氏はどんな人だったかがわかる珠玉の一冊である。2018/07/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8101364

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。