集英社新書<br> 「知」の挑戦―本と新聞の大学〈1〉

個数:

集英社新書
「知」の挑戦―本と新聞の大学〈1〉

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月28日 14時07分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087206777
  • NDC分類 041
  • Cコード C0236

出版社内容情報

豪華講師陣による連続講義の書籍化
「私的新聞論――プロメテウスの罠」依光隆明/「政治学の再構築に向けて」杉田敦/「2020年の中国――世界はどう評価するか」加藤千洋/「科学と人間の不協和音」池内了

内容説明

2012年3月、朝日新聞社と集英社が創設し、各分野の第一人者が連続講義を行った「本と新聞の大学」。白熱した講義の様子を、受講生との質疑応答も含め完全に再現。1では新聞・政治学・中国・科学といったテーマについて、今まさに解決せねばならない課題と向き合い、分野を超えた新たな「総合知」として体系化。今の時代を考える道標を示した。冒頭には、一色氏と姜氏による「日本のこれからを考える」対談を収録。

目次

第1回 日本はどうなる?(「本」と「新聞」と「大学」で、知のあり方を問い直す;三つの不信 ほか)
第2回 私的新聞論―プロメテウスの罠(大本営発表といわれて;間接情報と直接情報 ほか)
第3回 政治学の再構築に向けて(丸山眞男の三つの顔;問題はどこにあるのか ほか)
第4回 二〇二〇年の中国―世界はどう評価するか(中国政治の一寸先は闇;中国の経済成長はいつまで続くか ほか)
第5回 科学と人間の不協和音(科学は人間を幸せにしたか?;“付き焼き刃”の科学 ほか)

著者等紹介

一色清[イッシキキヨシ]
1956年愛媛県生まれ。朝日新聞出版雑誌統括

姜尚中[カンサンジュン]
1950年熊本県生まれ。政治学者。東京大学大学院情報学環教授

依光隆明[ヨリミツタカアキ]
1957年高知県生まれ。朝日新聞編集委員

杉田敦[スギタアツシ]
1959年群馬県生まれ。政治学者。法政大学教授

加藤千洋[カトウチヒロ]
1947年東京都生まれ。同志社大学大学院教授。元朝日新聞編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

72
今の社会情勢をいろんな専門家が次々と語っていったのがよかった。結構リベラルっぽい人が多いなぁと感じた。2013/03/04

i-miya

44
2013.12.24(12/24)(つづき)一色清ほか著。 12/10 (p026) マーケットを見ずに政治を行うのがいいとは言わないが、あまりにもそれに左右されるおなら、そもそも政治などは必要ない。 (姜)経済活動の理想、(1)市場の動きをほとんどコントロール、(2)適正な利潤も出す、(3)サステーナブルな資本主義を続かせる、(4)だが、そうなってはいない。  2013/12/24

i-miya

40
2013.11.23(初読)一色清ほか著。 11/23 (カバー) 2012.03、朝日新聞社、集英社、創設≪本と新聞の大学≫。 分野を越えた「総合知」として体系化。 Ⅰは新聞、政治学、中国、科学の分野。 (はじめに=カン尚中) 本と新聞-斜陽産業。 文化の基盤そのものの崩落を招く? オープンカレッジ開設のユニークな試み。 第1回、日本はどうなる。 (一色清VSカン尚中) 本、新聞、大学の掛け算。 欲しい座標軸。  2013/11/23

KAZOO

24
連続講義を新書版に集約したもので、最近の題材としては非常にぴったりしていると思いました。今後の出版や新聞の在り方というのは今かなりの興味を集めているのではないかと思われます。とくに新聞は、電子化されてペーパーがどこまでやってくれるかという感じがします。最近の論調を見ても明らかに政府迎合型になってきています。朝日、読売、毎日、日経みんな似てきてしまっていて新聞を読む意味というのがあまり感じられなくなってしています。産経、赤旗、聖教新聞のほうが原点にいるのではないかと思います。2014/08/06

壱萬弐仟縁冊

15
一色清氏が、格差や分断を手掛かりに検討する(40頁)。3.11後の今も各種格差や福島出身の人を色眼鏡で見る傾向があるとも。確かに、私の地域でも福島ナンバーのクルマは見る機会がある。しかし、問われるべきは未だに漏れている原発からの汚染水管理がずさんであること。松下圭一教授の市民概念の検討をしている杉田敦教授(113頁他)。文化経済学の学会誌にも研究論文が掲載されていたのを想起した。アーレントの公共圏論、フーコーの生権力論(124頁)は覚えておきたい。池内了教授の日本の科学は付け焼刃と自己批判(188頁~)。2013/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6328280

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。