集英社新書<br> ツタンカーメン 少年王の謎

個数:

集英社新書
ツタンカーメン 少年王の謎

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087206494
  • NDC分類 242
  • Cコード C0222

内容説明

ツタンカーメンは、ほぼ未盗掘で発見された王墓により有名であるが、王自身の生涯とその時代については、長い間謎に包まれたままだった。しかし、20世紀の終わりになってツタンカーメン時代の建造物や重要人物の墓が次々と発見されたことや、2010年に最新のDNA鑑定がなされたことなどによって、ファラオの真の姿が明らかとなりつつある。本書では、いままで推測の域を出ることがなかった死因や親子関係の謎に迫るだけでなく、即位にいたる歴史的状況、死後の状況についても大胆な新説を示す。

目次

第1章 ツタンカーメン王墓の発見
第2章 ツタンカーメン王の呪い
第3章 古代エジプトの黄金時代と異端の時代
第4章 ツタンカーメン王とその治世
第5章 ツタンカーメン王の死と埋葬
第6章 第一八王朝の終焉
エピローグ ツタンカーメン王の時代

著者等紹介

河合望[カワイノゾム]
1968年東京生まれ。早稲田大学文学学術院・国際学術院非常勤講師。早稲田大学大学院文学研究科博士課程満期退学。ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程に学び、博士号取得。ジョンズ・ホプキンス大学非常勤講師、米国エジプト調査研究センター特別研究員、国連教育科学文化機関コンサルタント、早稲田大学理工学術院総合研究所客員准教授などを経て現職。専門はエジプト学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

最新科学で明らかとなったファラオの真実
CTスキャンやDNA鑑定によって、ツタンカーメンの真実が昨今明らかとなりつつある。いままで推測の域を出ることがなかった死因や親子関係、治世状況など多くの謎に包まれた王の姿に迫る!