集英社新書<br> イギリスの不思議と謎

電子版価格 ¥693
  • 電書あり

集英社新書
イギリスの不思議と謎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 189p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087206463
  • NDC分類 293.3
  • Cコード C0236

出版社内容情報

ロンドン五輪で沸く英国の抱える不思議と謎
イギリスは、昔も今も伝統を守りながらも、どんどん新奇なものを受け入れる国だ。たとえば、紳士を尊重する一方でフーリガンが存在するなど、である。多くの人を惹きつけるイギリスの謎を解き明かす!

内容説明

一般にイギリスは礼儀としきたりを重んじる保守的な国と思われている。しかし、実際のイギリスは昔も今も伝統を守りながら、どんどん新奇なものを受け入れる国である。紳士を尊重する一方でフーリガンが存在したり、ミニスカート発祥の地であったり、茶樹がないのにアフタヌーン・ティーの習慣が根づくなど、さまざまな不思議を抱えているのだ。本書では、多くの人を惹きつけるイギリスという国の謎を解き明かす。

目次

第1章 歴史に名を残す最初の紳士は強盗殺人犯?
第2章 エディンバラがイギリスの地図にない!
第3章 茶の木がないのに紅茶の国?
第4章 パブリック・スクールはだれのため?
第5章 やがて恐ろしきナーサリー・ライム
第6章 カクテルに名を残す女王はだれ?
第7章 イギリス方言の多様性
第8章 フーリガンは「二つの国民」の生き証人か?

著者等紹介

金谷展雄[カナタニノブオ]
1940年大阪府生まれ。津田塾大学名誉教授。1959年、東京大学入学。教養学科にてイギリスの文化と社会を専攻。東京大学大学院修士課程修了後、津田塾大学教授などを経る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

白義

12
イメージの中の「イギリス」を作るいろんななもの、紳士や紅茶の発祥と謎や、ブリテン連合国の微妙な歴史と関係、フーリガンに見る国民性と軽くて読みやすい英国文化入門。デイヴィッド・コパーフィールドに出てくる体罰だらけの教室風景が、当時のパブリックスクールには極めて一般的なものだったことが知れて収穫。カクテルのネタにもなったブラッディメアリーとメアリー・スチュアートはやっぱりイギリスでも混同されやすいそうな。紅茶の歴史が意外と浅いのも発見だった2013/05/03

こつ

5
イギリスについて、歴史、言語、教育、お茶や紳士ナーサリーライムなどの文化、フーリガンといった観点から解説されます。古い歴史のある国でありながら、新しいものもどんどん取り入れる国。不思議でわくわく。2018/02/20

erie

4
タイトル、不思議と謎の違いってなんだろうと気になってしまった。中身は極めてしっかりとした、日英の学術的文献に基づいた専門家による一般向けのこなれた入門書。パブリックスクールには学費を払う学生と払わない学生がいたようだが、その制度の全貌を明文化するのであれば、家庭の経済力をならして教育機会均等を目指すシステムとしてうまく働く可能性もあるのではないかと、医学部不正騒動を見ながら思う。民族問題・方言も、耳に入っては来るものの調べようとすると複雑・難解過ぎ、この本で簡潔にまとめられ説明されていてよかった。2019/01/03

うさぎ

2
もっと楽し読めるかと思っていたのだけど、意外に手強かった。でも、子守唄のところとかコックニーのところはうんうんわかる分かると楽しく読めました。あー、イギリス行きたい!2021/12/02

ジュリ

2
紳士とは、もともと身分を表す言葉だったけど、次第に人格も含ようになった。2014/08/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5120053

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。