集英社新書<br> 教えない教え

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

集英社新書
教えない教え

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月26日 10時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 205p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087205671
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0236

内容説明

「無理せず、急がず、はみださず」に己の直感を信じ、プロ野球において監督、コーチとして、多くの才能を引き出した権藤博。現役時代は「権藤、権藤、雨、権藤…」と謳われるほど連投を重ね、二年連続で最多勝投手に輝いた。だがその結果、体を壊した権藤の選手生命は長いものではなかった。後年、権藤は自身の苦難の経験を生かし名コーチとして復活。一九九八年に監督就任した横浜を日本一に導くことで、その名を知られることになる。野球界のご意見番として活躍する権藤氏が、ジャンルを超えて通用する人材を開花させる「教えない教え」をここに記す。

目次

第1章 人の心の掴み方(“厳しく接する”でなく“厳しさを教える”;教えすぎるな! ほか)
第2章 “勝つ力”を育むコツ(己を知らない人は成長しない;練習に『宮本武蔵』の修行法を取り入れた ほか)
第3章 伸びしろをぐんと長くする方法(真似上手こそ伸びる;専門外のことをやると、いい気付きが得られる ほか)
第4章 壁を破る力(勝負の流れは“一本の線”で変わる;ピンチの後にチャンスを手繰り寄せるには? ほか)
第5章 やってはいけないコーチング(“やる気を削ぐことをしない”のがやる気になる;部下の“個性”を引き出す方法 ほか)

著者等紹介

権藤博[ゴンドウヒロシ]
1938年生まれ。佐賀県出身。野球評論家。元プロ野球選手(投手、内野手)・監督。1961年中日に入団。二年連続で最多勝投手に。1973年より中日でコーチを務め、近鉄、ダイエーを経て横浜のコーチ・監督を歴任。1998年横浜を優勝に導く。「投球フォームは選手の主張」とフォーム指導をしないなど個性的な指導方法で多くの投手を育てる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

metoo

61
著者は中日ドラゴンズ他多くの球団でコーチを務め、横浜ベイスターズを監督1年目にして日本一に導いた。選手としては「権藤、権藤、雨、権藤」という流行語が生まれるほど、中日ドラゴンズでは登板を重ね、多く勝利するものの選手としては短命だった。昔の間違った身体の手当てや起用方法、育成方法など、身をもって体験した苦難が、教育者・監督業・解説者として花開いたのでしょう。渡米しコーチングを学ぶ中で「Don't over teach」「教えすぎてはダメ」が大切だと。言葉をかけるタイミング、そこにコーチの妙あり。2016/10/01

再び読書

49
ある意味当たり前の事が書いてある。しかし、スポーツの指導者が持ち合わせていない当たり前をこの人は語り繰り返す。特に少年スポーツの指導者に読んで欲しい。ノムさんが理想とする川上氏の巨人軍での人間教育に通づる本質があるように思える。指導者として困難なのは、教え過ぎない事と思える。現役時代実績がある人ほどそれが難しい。権藤氏が選手としてこんなにピークが短かったのも驚いた。また、仰木監督とのぶつかりも興味深い。確かに人情がある人と思われたが、投手を潰す事も多かったのを思い出させた。地味だか本当の本だ。2018/01/13

ばりぼー

33
できないことをできるまで辛抱強く見守ってやるのが「優しさ」である。一方、できるまで待つことができず「また今度」となってしまうのが「甘さ」である。厳しさとは、「この世界で生きて行くにはこういう練習をして、それに耐えていかなければいけない」と教えること。指導者に求められているのは、「厳しく接する」ことでも「ハードなトレーニングを課す」ことでもなく、「厳しさを教える」ことである。Don't over teach.真にその人物の成長を望むのであれば、丁寧に助言し、我慢強く見守っていく姿勢を保つことが大事なのだ。2018/07/10

chanvesa

23
ビシネス書は、会社の研修で読まされる場合以外は全く読まない。読みたくない。この本がビジネス書と言えるかわからないけれど、実に興味深かった。選手・部下を守る姿勢。勝ったら選手の責任、負けたら監督の責任という主張は、深い信念に基づいている。教えすぎない、情報を捨てそれでもひっかかることがあるか、80%の全力主義、休む勇気等々。2015/06/06

コダマ

15
ハマのマシンガン打線、大魔神佐々木などファンじゃなくても鮮明に覚えている横浜ベイスターズの黄金時代に指揮を執った権藤さんの監督andコーチング論。 野村さんや落合さんの理論と比較すると独特な空気感がおもしろく感じると思う。監督とはこうあるべきだという観点ではなくて、自分がこれはやってはいけないと決めたことを軸に置き、選手やコーチに接してきたという我慢論。本の中でもかなり感情の強い方だなという印象を受けるのにそれをがまんするところがすごい。それが選手たちにも伝わってよいチームができたのだと思う。 2014/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/668842

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。