集英社新書<br> ルポ 在日外国人

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

集英社新書
ルポ 在日外国人

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 217p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087205558
  • NDC分類 334.41
  • Cコード C0236

内容説明

在日華人、中南米系移民…。「在日外国人」と呼ばれる人々は、いまや在日韓国・朝鮮人だけではない。一九九〇年代以降、急速に増加した世界各地からの移民によって、日本はにわかに多民族社会化の道を歩んでいる。政府による外国人参政権を巡る議論はそうした状況を鑑みた結果とも言えるが、一方では新たな排外主義も台頭しつつある。本書では、いまや二二二万人に達した在日外国人の現状をルポルタージュしながら、欧米の状況との比較も踏まえつつ、望ましい多文化共生の道筋を探る。

目次

第1章 身近な在日外国人(国籍を超えて;外国人の街;多民族化への潮流)
第2章 異国に刻む歴史(韓国・朝鮮人の軌跡;他郷に根を張る華僑;ニューカマーの増加)
第3章 狭間に生きる人々(日系ブラジル人少年殺人事件;過酷な労働;奴隷制のごとき研修・技能実習制度;オーバーステイほ慟哭;命を懸ける難民の道;DVに苦しむ女性たち;地方参政権は住民としての権利;テロ防止の名のもとに;管理体制の強化)
第4章 教育の現場にて(民族の心を育む外国人学校;多民族の子が机を並べる国際学校;日系人の子が通う学校;公立学校のなかの民族学級)
第5章 多民族多文化共生に向けて(国際条約の精神;移民国家アメリカ;ヨーロッパの二面政策;オーストラリアの再生;日本に必要なグランドデザイン;多文化主義国家・カナダ)

著者等紹介

高賛侑[コウチャニュウ]
1947年生まれ。朝鮮大学校政治経済学部卒業。朝鮮関係月刊誌「ミレ(未来)」編集長を経て、ノンフィクション作家に。国際高麗学会会員。専門は在日を含む在外朝鮮民族問題。99年、『旧ソ連に生きる朝鮮民族』で部落解放文学賞(記録文学部門)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

香菜子(かなこ・Kanako)

31
ルポ 在日外国人。高賛侑先生の著書。現代日本社会は在日外国人の存在なしでは成り立たないのが現実。在日外国人が快適に暮らしやすく働きやすい社会にしないと、在日外国人は日本から出て行ってしまう。そうなって困るのは在日外国ではなく、日本と日本人なのかもしれません。2018/12/13

はと

10
広いテーマを、ルポを織り交ぜつつ、わかりやすく解説している。2013/12/15

Masakazu Fujino

8
2010年の発刊で、少々時間が経っているが、「在日外国人」の基本的な問題を整理して抑えてある良い本だと思う。このあと、現在に至るまで問題が改善はされていないと思う。もっと学んでみたい。2020/05/25

ちくわん

7
2010年8月の本。毎日新聞の掲載から。2008年で在日の外国人は222万人。少なくとも「在日」の方々には「オモテナシ」の気持ちが全くなかったことは明らか。他人に親切、友人に冷たすぎるのは、いかがか、と言っている場合ではない。改めて、特に、外国人労働者を知らねば。ケント・ギルバート氏も登場。2019/07/30

うたまる

2
本書を読んでの率直な感想は、「在日外国人の皆さんが快適に暮らせるよう協力しなきゃ」ではなく、「やはり多文化共生には無理があるな」だった。もう根本から違うのだ。外国で20年近くビジネスをしていた知人は、一貫して「俺はここに住ませてもらってる」と言っていた。だから遠慮もするし協力もすると。そういう姿勢なら一緒にやっていけると思う。しかし著者のように、コリアンに都合の悪いことは一切触れず、日本の非だけを書き連ねてミスリードしてくるような人とは信頼関係が結べない。こういうアンフェアな人とは共生なんてできないよ。2017/05/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/634479

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。