集英社新書<br> 生きるチカラ

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

集英社新書
生きるチカラ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月21日 08時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087205497
  • NDC分類 159
  • Cコード C0236

内容説明

われわれの人生は、気にすればきりがないような小さな課題の連続である。人は、無数の選択を強いられながら生きており、ときには大きな困難に出合うこともある。だが、少し見方を変えてみると、正しい選択や誤った判断があるわけではないことがわかる。また、ふりかかる災難が、人生のきっかけにもなることもあるのだ。生きるのに正しいも間違いもない―。世界の聖地を調査してきた宗教人類学者だからこそ書ける、自分の生き方を手に入れる道とは何か。「生きるチカラ」が不足している現代日本人に必読の書。

目次

1 生きるのに「正しい」も「間違い」もない
2 あらゆる選択は誤りを含んでいる
3 金持ちはみんな不幸?
4 ふりかかった災難こそ人生のきっかけ
5 人間は支離滅裂でかまわない
6 自分の身に起こることはすべていいことなのだ

著者等紹介

植島啓司[ウエシマケイジ]
1947年東京生まれ。宗教人類学者。1972年東京大学卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了後、シカゴ大学大学院に留学、ミルチャ・エリアーデらのもとで研究する。関西大学教授、NYのニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ客員教授、人間総合科学大学教授を歴任。1970年代から現在まで、世界各地で宗教人類学調査を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アオイトリ

28
読メのレビューより選本。冒頭の「なぜ、たっぷりと食べた客のように、人生から立ち去らないのか」の一文に掴まった。話が上手い!あっという間に面白く読了。「あらゆる選択は誤りを含んでいる」失敗に拘泥しないスタンスは勝負師ならでは。色川武大や棋士のメンタリティに近いものをみた。大局をみる、待つ、楽観を支えるのは、知性や強い心だと思う。「人間は支離滅裂でかまわない」とはなんと寛容な…。まさに今、自分が一貫性を保たなくってもいいかな?それとも逃避?と試行錯誤しているのでいい出会いでした。ときを置いて再読したい。2021/09/19

団塊シニア

22
ふりかかった災難こそ人生が変わるきかっけということを認識する必要がある、そして我々の人生は小さなトラブルの連続だという作者の人生観には納得できるものがある。2018/08/24

KAKAPO

21
私たちにとってもっとも大切なことは何だろう? 植島 啓司 氏 は、下記のように記した。「あなたにとってもっともたいせつなことは、自分の中に眠るたくさんの可能性を実現していくことにあるのではないかと思う。人生は短く、あっというまに終わってしまう。あなたは欲張っていろいろな人生を生きてみるべきではないだろうか。可能なことはできるだけすべてやってみる価値があるだろう。」と…。9年前に書いた感想にある、自分の中に眠る可能性を実現しようとすることは、欲から距離を置くという現在の心境と両立するのだろうか?新たな課題…2010/07/16

yukiko-i

18
生きる上で正しいか間違いかはなく、ありとあらゆる選択肢に誤りも含まれているという主張に、すべてというわけではないが、ある程度、共感できた。人生は、いくら悩んでも仕方ないので、楽観的に生きた方がよい、ということだろう。2015/08/26

しろくま

16
初めての経験、失敗はドキドキするし、ショックを受けるものですが、それが2度、3度となれば、そんなもの!と思えるものということに納得しました。確かに、失恋、不合格、離職、離婚等も2度3度となればそれほどショックは受けないかもしれませんね。そして、人は多面的であるということ。色々な自分がいていい。人生、悩みすぎずに楽しみたいものです。2020/02/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/620437

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。