集英社新書<br> マルクスの逆襲

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

集英社新書
マルクスの逆襲

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年03月03日 20時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 218p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087204940
  • NDC分類 309.3
  • Cコード C0236

出版社内容情報

資本主義の末路か?大貧民の逆襲か?
マルクスの答えを学ぶな!
その《問い》を見据えよ!
かつてマルクスは、一つの世代を丸ごとかかえ込むほどのブームを巻き起こした。しかし、その後は過去の遺物と化し、社会主義国家もすでにほぼ崩壊している。だが今、資本主義もまた行き詰まりを迎え、日本でも格差が拡大し、社会のなかに自分を位置づけて生きがいを感じることが、難しくなってきている。マルクスが仕掛けた謎を考える意味は、むしろ高まってきているのだ。時代の熱狂を体験した作家が、現代日本の再生に向けて、マルクスの謎を読み解く。

内容説明

かつてマルクスは、一つの世代を丸ごとかかえ込むほどのブームを巻き起こした。しかし、その後は過去の遺物と化し、社会主義国家もすでにほぼ崩壊している。だが今、資本主義もまた行き詰まりを迎え、日本でも格差が拡大し、社会のなかに自分を位置づけて生きがいを感じることが、難しくなってきている。マルクスが仕掛けた謎を考える意味は、むしろ高まってきているのだ。時代の熱狂を体験した作家が、現代日本の再生に向けて、マルクスの謎を読み解く。

目次

序章 なぜマルクスなのか(マルクスは魅力的?;マルクスはイワシの頭?;マルクスは大貧民の味方?;マルクス主義はまちがっていた?)
第1章 マルクスの時代背景(マルクスってどんな人?;マルクスの思想って何?;マルクス主義は科学的か?;貧富の格差はどこから生じたか?;人間にとって自由って何?;大貧民はいかにして救われるか)
第2章 日本のマルクス主義(日本共産党って何?;過激派はどこから来たか?;若者はなぜ過激になるのか?;大学は何のためにあるの?;マルクスは殺人を容認する?;赤軍派はなぜ一線を越えたのか?)
第3章 マルクスは敗北したのか(挫折感って何?;もう一つの社会主義?;日本はマルクス主義国家?日本的控訴経済成長の秘密?;いまや日本は大貧民国家?;会社はコミュニティー?)
終章 マルクスの逆襲(マルクスの夢の再現?;これからの日本をどうする?;無国籍資本が世界を崩壊させる?;いまこそマルクスの出番?)

著者等紹介

三田誠広[ミタマサヒロ]
1948年大阪生まれ。作家。早稲田大学文学部卒。1977年『僕って何』で芥川賞受賞。日本文藝家協会副理事長。日本文藝著作権センター理事長。著作権問題を考える創作者団体協議会議長。武蔵野大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。