集英社新書<br> 貧乏人は医者にかかるな!―医師不足が招く医療崩壊

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

集英社新書
貧乏人は医者にかかるな!―医師不足が招く医療崩壊

  • 永田 宏【著】
  • 価格 ¥726(本体¥660)
  • 集英社(2007/10発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月23日 18時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 189p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087204131
  • NDC分類 498.021
  • Cコード C0247

内容説明

医師不足は単に産科や小児科、また地方の問題ではない!これからは外科をはじめあらゆる科で医師の数は足りなくなる。厚労省が公開しているデータから医師不足の現状と原因を分析、団塊の世代が後期高齢期に向かう今後の日本の医療の進む方向を探る。アメリカ流金持ち優先型か、イギリス流シビアな待機型か、あるいは日本独自の道があるのか。国民が医療難民にならないための自衛策と国を挙げての解決策を提言する。

目次

第1章 表面化する医師不足
第2章 医師不足は現実である
第3章 なぜ医師は不足したのか
第4章 医療訴訟が医師不足を加速する
第5章 二〇二五年の真実
第6章 イギリスの惨状
第7章 日本が採り得る医師不足対策
第8章 医師不足時代を生きる

著者等紹介

永田宏[ナガタヒロシ]
1959年生まれ。医学博士、理学修士。鈴鹿医療科学大学教授。85年筑波大学大学院修士課程理工学研究科修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所で医療情報研究に従事。NPO法人日本医療情報ネットワーク協会理事、タケダライフサイエンス・リサーチセンター客員研究員、日本医療情報学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

黒頭巾ちゃん

5
タイトルは、売るために付けられたものですね。 内容とは少々かけ離れています。 納得感があることも 1、医師の輸入  言葉の壁次第ですよね。また、日本人思考文化も 2、患者の輸出  ただ、日本の医療費の自己負担金が低いので、難しいかも 3、支払い方法  まずは、全額自己負担で支払い、事故負担金以外を国などから還元してもらう。これにより、医療費への意識が高まると思います。生活保護は自己負担0円ですし、その医療機関へかかるための交通費も無料ですから。まぁ、交通費は還元される形ですが 4、AG精度  イギリスでの2012/06/22

こたちゅう

1
医師不足問題の概要をうまくまとめてくれている。また、出版から6年が経過しているが、かかりつけ医や大学病院の外来廃止、在宅医療など、実現まではもう少し時間がかかるが現在の医療行政の方向性は正確に捉えられている点で説得力がある。医療には金がかかる。諸外国との比較などから、税金も国保も上げずに医療だけ充実せよというのは虫が良すぎる話で、要は選択の問題だ、ということに気づいた上で国民的議論をしなければ根本的には解決しないことがよく分かった。読んでみて大変参考になった。2013/07/27

としくん

0
【P.21】36時間変則勤務➡︎小児科医の人手不足 【P.76】平均入院日数の短縮により、人気がある都会の病院はベッドの稼働率が下がらず医師が集まる一方、人気が無い地方病院は医師不足に 【P.79】医師不足の原因は、1948年の人員配置標準を続けてきたこと、その標準を日本全体の医師数の上限と読み替えたこと、その勝手な解釈に従い医学部の定員を削減したこと。地方病院に、最低限の医師数としてその標準を押し付けたことで、地方医療は崩壊へ 【P.124】救急隊員は死亡を判断する権限を持たず、病院への死体搬送数が急増2016/08/05

うな

0
斜め読み。高齢化社会における適切な医療制度とは何か考えさせられた。2011/03/19

銀木犀

0
タイトルがちょっとなあ。そういう主張をしている本ではないので紛らわしい。でもこの著者の主張だと結局医師不足を減らすには医療関連の費用を上げる必要が出てくるので、貧乏人が医者にかかれなくなる可能性はあるけど、こじつけすぎ。2010/05/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/455674

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。