集英社新書
住まいと家族をめぐる物語―男の家、女の家、性別のない部屋

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087202632
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C0236

内容説明

家父長が家のすべてをとりしきった「男の家」があった。昼間は不在の男たちに替わって主婦が管理する「女の家」があった。そして、家族それぞれが自分だけの「部屋」を作り、個別の生活を営みはじめた。男の家や女の家があり、やがて性別の希薄な住まいが生まれ、ワンルームの時代へと移りかわる。高齢者や子どもの居場所はどこにあるのか?本書は身近な住まいと街に刻まれている日本近・現代一四〇年の歴史を緻密に読み解きながら、これらの疑問に対して、けっして悲観的ではないアプローチを試みる。

目次

家族と住まいの移り変わり
複数のアドレス、そしてメールアドレス
「いろり端のある家」は「男の家」
長屋には長屋の歴史がある
旧二重構造の成立―「いろり端のある家」と「茶の間のある家」の二重構造
戦争と住宅
敗戦と住宅
占領期マンガの女主人公たちのお家―ベビサン、ブロンディ、そしてサザエさん
公団住宅は「女の家」のはじまり
2DK・団地からニュータウンへ
新二重構造の成立
ここからは「性別のない部屋」?
まとめのマトリックス
住むことは生きること

著者等紹介

西川祐子[ニシカワユウコ]
1937年東京生まれ、京都育ち。京都大学大学院文学研究科博士課程修了、パリ大学で博士号取得。京都文教大学人間学部教授。専攻はジェンダー論および日本とフランスの近・現代文学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。