集英社新書
アメリカの保守本流

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087202106
  • NDC分類 312.53
  • Cコード C0231

内容説明

イラク侵攻を主導し、いまやホワイトハウスを牛耳るアメリカの新保守主義者、いわゆるネオコンとはいったい何者なのか。彼らを動かす軍事シンクタンクの思想は、アメリカ国民をどこに誘導しようというのか。彼らの活動資金は、どこからでているのか。ブッシュ大統領を侵攻へと駆り立てたのは、石油利権などではない。現在のアメリカの権力構造を理解しようとするなら、保守本流の深層、「鉄道資本」と「石炭産業」の歴史をまずひもとく必要がある。そして、その保守を変容させるネオコンこそが、アメリカを、さらに世界を危機に追いやっているのだ。

目次

序 アメリカの暴走
第1章 保守本流とネオコン(黒幕ビル・クリストルとネオコン七人組;過去のユダヤ人の反体制・反戦運動 ほか)
第2章 アメリカの鉄道資本とは何か(大陸横断ユニオン・パシフィック鉄道;アメリカ史を動かす鉄道会社とスタンフォード大学 ほか)
第3章 保守派のマーチャント・バンカー(メリル・リンチとブッシュ・ファミリー;軍需財閥、ボーイングとロッキード・マーティン ほか)
第4章 シンクタンクがばらまく軍事思想(マードックとロスチャイルド人脈による煽動プロパガンダ;シンクタンク人脈が進めるアジアの友好破壊工作 ほか)

著者等紹介

広瀬隆[ヒロセタカシ]
1943年東京生まれ。作家。早稲田大学卒業。近年、建国以来のアメリカ合衆国の成り立ちを精査し、その権力構造を解析している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

coolflat

3
石炭・鉄道資本を握る共和党人脈を明かしている。地方では、土地所有者が18世紀以来の鉄道利権者であるため、住民は白人が多く、少人数が広大な土地を押さえ、土地から高価な資源と農産物を収奪する構造になっている。人口密度の低い州の住民を掌握してゆく集団が、製造業をコントロールし、同時に共和党の土台を形成している。共和党の人脈は、メリルリンチやJPモルガンやモルガンスタンレーなどを生み出してきた。これらのバンカーは、ロスチャイルド財閥に屈するユダヤ系金融機関ではない。アメリカ建国以来の産業資本、保守本流財閥である。2014/09/18

サメ社会学者Ricky

2
軍事シンクタンクを動かし、著者曰く世界兵のためでもなければ石油の利権のためですらないイラク戦争(殺戮)を導いてきたネオコンと呼ばれるアメリカの政治家たちの裏を描く。子ブッシュを血も涙もないクソ野郎だと強調したいがためか、痛烈な表現が並べられている。中盤から後半にかけてはロスチャイルドやカーネギー一族と政治の関わりについて説明されているが、登場人物が多いので映像にして欲しい←読書家失格だろ(笑)。興味深い議論だが、著者の情報源が気になる・・・。2014/10/20

えりつぃん

2
「世界金融に拡大するロスチャイルド現象」「戦争プロパガンダのメカニズム」など、一般の読者にはあまりに難解すぎる言葉が頻用されている。それだけでうんざりしてしまった。冒頭からアメリカバッシングを繰り広げているが、理由が全く分からない。筆者の立ち位置も分からぬまま論が一方的に展開される。置いてけぼりにされて感覚だった。 内容は、血族関係をひたすら追うだけ。中東との関係を知られるのは良い。国際法違反!っていうなら、それがなぜ、どう違反なのか詳細に説明してほしい。結局何が主張したい本なのか分からなかった。心に響2012/05/25

Humbaba

2
石油利権のために戦争をするというのは,経済的にも政治的に理にかなっていない.アメリカの主要なエネルギーは石炭であり,そしてそれは無尽蔵に産出可能である.保守本流は,その石炭の運搬のシステムをイッテに握っているからこそ,これだけの力を発揮する事ができるのである.2011/06/14

田中博史

1
そうですか、宗教戦争だったのか、、、2014/04/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/475931

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。