集英社新書<br> 移民と現代フランス―フランスは「住めば都」か

個数:

集英社新書
移民と現代フランス―フランスは「住めば都」か

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年08月27日 10時21分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 286p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087201895
  • NDC分類 334.435

内容説明

あらゆる民族、宗教、歴史的背景をもった、大量の移民が流入し続ける国・フランス。人種、民族、文化の融合はあるのか?その真の姿を描くルポルタージュ。

目次

第1章 背景を数字で見ると
第2章 フランス人は人種差別主義者か
第3章 ブールのアイデンティティ
第4章 フランスにおける巧妙な差別の実態―二つの速度
第5章 女性は同化の原動力?―ブールの女性たち
第6章 フランスの一夫多妻制
第7章 デリケートな問題―サン‐パピエ

著者紹介

ジョリヴェ,ミュリエル[ジョリヴェ,ミュリエル][Jolivet,Muriel]
ベルギー生まれ。フランス国籍を有する。上智大学外国語学部フランス語学科教授。パリ大学東洋語学科で日本語・中国語を学び、1973年、奨学金を得て来日。81年に同大学大学院博士課程修了

鳥取絹子[トットリキヌコ]
富山県生まれ。お茶の水女子大学卒業。翻訳家、ジャーナリスト