JUMP j BOOKS<br> 鬼滅の刃―片羽の蝶

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

JUMP j BOOKS
鬼滅の刃―片羽の蝶

  • ウェブストアに90冊在庫がございます。(2022年05月23日 16時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 216p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087034851
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

出版社内容情報

鬼に両親を殺された幼いカナエとしのぶを助けた悲鳴嶼。
鬼殺隊に入り、両親の仇を討ちたいと熱望する二人に、親戚のもとで娘らしい暮らしを送ることこそが幸せだと諭すが、姉妹は頑として聞き入れない。
根負けした悲鳴嶼は二人にある試練を与える…。
他にも、蜜璃が恋心を封印してしまったり、お館様の命により柱全員で冨岡を笑わせようとしたり、不死川兄弟の絆の物語、
さらには善逸と伊之助が宇髄との柱稽古で温泉探しに挑むなど盛りだくさんの内容でお届け!
そして大人気「キメツ学園」小説版も帰ってきた!!

内容説明

鬼に両親を殺された幼いカナエとしのぶを助けた悲鳴嶼。鬼殺隊への入隊を希望する二人にある試練を与えるのだが…大人気「柱」の面々が登場する物語5編を大公開!さらに好評の「キメツ学園」小説版も再び収録!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

岡本

159
小説版第2弾。表題作の「片羽の蝶」など過去話は切ないエピソードが多いが本編では触れられなかった過去が読めるのは素直に嬉しい。尚、コミカルなストーリーとの温度差は凄い。漫画最終巻を読んでからノベライズを読んでいるので、連載中に読むのとは違う感覚が何とも不思議。次巻も続けて読もう。2021/01/13

nana

79
柱たちを背景にした一冊。細かい背景が分かって、ますます感情移入。みんな好きな登場人物ばかり、、。個人的には蜜璃と伊黒さんが好きだなー。2020/12/25

ゆきねこ

74
今回も30分くらいで読めました。相変わらず、家族、肉親の愛が濃く描かれ、ベタに感じるところもあります。最後の中高一貫☆キメツ学園物語が面白かった。登場人物の音痴ネタでグイグイ引っ張る。原作も、シリアスな場面だけだったらこんなにブームにならなかったでしょう。鬼滅の刃は、ユーモラスなギャグ部分が非常に大切なエッセンスだということがわかります。鬼滅の刃ブーム、小説でも熱く感じました。2021/01/04

グレ

63
ノベライズ第1弾の«しあわせの花»は余程の鬼滅マニアにしか積極的にはお薦めしませんが、柱達のこぼれ話裏話が沢山読めるこちらは鬼滅ファンなら絶対楽しめます!! あと、スケベなオジサン読者には58㌻の男前柱の妻達の入浴シーンを強く推します。1時間強で読み終えられる軽さですが、盛大にネタバレしちゃいますんで、マンガ版を読んでからにしましょう、本作を読むのは。2020/04/22

桜咲

58
娘から借りて。鬼らしい鬼も出ない、ほっこりサイドストーリー。2020/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14326357

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。