コバルト文庫<br> 炎の蜃気楼(ミラージュ)〈17〉火輪の王国 後編

個数:
電子版価格 ¥506
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

コバルト文庫
炎の蜃気楼(ミラージュ)〈17〉火輪の王国 後編

  • 桑原 水菜【著】
  • 価格 ¥544(本体¥495)
  • 集英社(1995/09発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 20pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月27日 18時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 265p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086141062
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

高耶を探して阿蘇山中をさまよう風魔小太郎は、島津の鎧武者に囲まれていた。次々と襲いかかる亡霊達に、小太郎は神刀・嵐斬丸で立ち向かうが…。一方、高坂弾正を八海にまかせ、高耶のあとを追う開崎(直江信綱)は、島津兵との戦いで瀕死の重傷を負った小太郎と出会う。「わたしという直江なら景虎様を裏切らない」と開崎に告げる小太郎。ふたりの「直江」の対決が始まろうとしていた。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

フキノトウ

15
「わたしは、裏切らない」という意思をもった、小太郎がとっても新鮮でした。千秋さえも信じられなくなった、高耶が可哀相だった。信長に連れ去られた、綾子大丈夫かな。2014/01/18

藤月はな(灯れ松明の火)

12
三郎ではなく、景虎と呼び、彼の傍にいられることが大切になった小太郎の直江に対しての劣等感と叫びとあの展開に遣る瀬無くなります。彼は存在を認めて欲しかったのだろうか。織田信長の言動はまさにうつけ者という感じです。彼の現名が室町幕府の三管領の一つや歴史小説家、司馬遼太郎氏やインドの破壊と創造の神のシヴァを連想させる名であるのが気になります。「ドリフターズ」でも登場した島津豊久も登場。蛇蠱の場面は人工憑霊蠱猫の針口を連想しました。2012/01/27

枯伍

10
高坂に足止めを食った開崎、島津と激闘してずたぼろの小太郎、阿蘇の山中でついに出会う!小太の目はすごいねえ。直江vs直江をにやにや読んだ後で、重々しい三池家とヒムカ教の秘密に迫る。譲と斯波が熊本入り。ニアミスで種解ける。古城高校で生徒と共に戦う譲の気持ちが切ない。清正は斯波と合流し本妙寺の結界を解く。綾子、織田に拉致。熊本市内は島津と大友の激戦地となってしまう。謙信と直江に捨てられたと思しき高耶はどうなってしまうのか。人質交換の場所で千秋までを疑る始末~なところで烈風編に続く。2018/01/16

あすな

9
あいつが、俺を殺しにくる。それが、おまえを解放することになるなら、俺は…。それぞれの、決断のときが迫る。/冒頭からやってくれる。二人の直江が遂に対決。直江氏贔屓の私としては、本物に、早く高耶ちゃんのところに向かって欲しいとは思うのだけれど。こたもなあ。「名を呼んで欲しい」なんて言われちゃうと、もう二人で行きなよ!と言いたい気持ちにかられる。しかし、当の高耶ちゃんのメンタルが。ああ、ほんと毎回思うけど、心が抉られるよ!/信長様、怖過ぎ。晴家は攫われちゃうし、譲は乗っ取られるし。解決すべき問題が山積み。2014/01/11

猫洞(ฅΦωΦฅ)銀

8
仮直江VS偽直江!!どーなるのー!?とハラハラ・ドキドキの展開でした。…どちらも虚しく景虎を助けられず… 小太郎の想い届かず…涙。信長の破壊力に慄き、譲さん…なんでこんな時にやって来るの!?と苛立ち…仕方ないよね、親友の安否が気掛かりだったもんね…でもヤバいよー! 怨将って亡くなった当時の年齢で黄泉返るのかしら…?だとしたら景虎って若いよね…そんな若さじゃ多感過ぎるのも当然か…と思いつつ、誰も信じられなくなって…仲間である千秋と死闘!?で終わります。鬼八伝承も辛く悲しい。巻末の相関図には感謝でしたー☆2013/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/561387

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。