コバルト文庫<br> 風雲縛魔伝〈4〉酒顛童子の巻 後編

コバルト文庫
風雲縛魔伝〈4〉酒顛童子の巻 後編

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 213p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086118965
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

江戸を大混乱に陥れる『酒顛の酒』を捜査している半蔵たちは、足柄金時神社に目をつけていた。そんな時、酒が湧かなくなってしまった『金時盃』から溶岩の人形が出現した。溶岩人形の炎で、豊臣方の作戦本部だった神社は焼け落ちてしまう。金時盃が鬼神であることを知った風音と葛葉は、縛すことを決心するが…。雑誌『COBALT』の好評連載に書き下ろし『闇に消えた月』を追加収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かえ☆★★

3
昔に買った本です。風音ちゃんが・・・別シリーズの主役化してる?!当初は明るい女の子の旅の話だったのに、また重くなってきました・・・。これ、全七巻だからあと三冊でどうまとまるのかが楽しみです。推しキャラは才蔵さんですね。無難ですいません・・・。2020/07/10

レイタ

1
再読。解決編。キャラ紹介絵凄くカッコいいけど見分けつかないよね。ついに海上で縛してしまう風音様。ただの高耶さん…もごもご。あと残りは3匹。後半は番外編の闇に消えた月が収録。この巻にちろっと登場した榊が自身と才蔵の苛烈な半生を語る。作者が無心で書いただけあって、緊張感とか濃さや面白さが正直全然違う…(別種な小説かもしれないが)濃い忍び小説となっていて凄く面白い。あとやっぱり作者の書きたいのが男なんだと思うな。主人公ズは現代漫画風キャラだからなのか、女の子だからこその共感もないしなあ。この巻とっておくか迷う…2017/02/22

みや

0
手放す前に再読。2014/07/04

みや

0
☆☆☆2006/03/09

沙ク

0
コンビに溝が生まれてそわそわする回。才蔵の過去話も入っていてとてもおいしい一冊でした。縛魔伝に出てくる人たちはかっこよすぎる。2012/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/561384

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。