コバルト文庫<br> 神々の脈拍vital.B―シュバルツ・ヘルツ 黒い心臓

コバルト文庫
神々の脈拍vital.B―シュバルツ・ヘルツ 黒い心臓

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 267p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086011969
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

湖底都市ラムリアに辿り着いた奏は、守護者ラムから結婚を申し込まれ、ケヴァンに刻まれた排除印を解くことを条件に花婿になることを受け入れる。けれど、ケヴァンにはある重大な容疑がかけられ排除印を消すことができないと言われて…!?一方、奏と再会したアイザックは、兄アドルフだと名乗る男からヴァルトミュラー家が関わった「黒い心臓」をめぐる恐ろしい秘密を知ることになり…。

著者等紹介

桑原水菜[クワバラミズナ]
9月23日千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。1989年下期コバルト読者大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

紅羽

6
様々な事実が明らかになり、徐々に謎の大元の輪郭は見えてきたかな。15歳で婿入りした奏…。プロローグ部分はちょっと笑いました。今後、洞爺湖や支笏湖の側を通る時はちょっと意識が変わるなぁ…(笑)2014/09/05

聖陽ひなた

1
チーム15歳はそれぞれ別行動で、超騎士たちも小隊を組んで別行動、ルドルフ達も暗躍してるし、複数の話が並行して進んでるので読むのがしんどい……。しかも、個別で伏線が出てきたので、全貌が見え隠れするじっれたい感じが、またなんとも。っつか、13人いる超騎士うちの半分以上が出てきてるせいか、名前とポジションが曖昧になり気味。後ろの一覧じゃ同行者までわかんないよ~。とりあえず、次の巻では奏が大人に!?と最後に気になる引き(笑)があったので乗っかります。2011/02/23

punto

0
追記。2009/04/01

立花真幸

0
★★★☆2010/10/28

iku

0
さくさくと続きを読まねば!お次はvaital.Xだ!!2009/03/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/497477

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。