「血圧150」であわてるな!

個数:
  • ポイントキャンペーン

「血圧150」であわてるな!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 17時54分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784072991114
  • NDC分類 492.1

内容説明

あなたの血圧は、「アブナイ」血圧なのでしょうか?検査値の数字を見て、あせらないための智慧が満載。

目次

第1章 検査値、この不確かなもの(「血圧147mmHgでも健康!?」をめぐる大騒動;基準範囲に振り回されすぎないことが大切;基準範囲から少しくらいはみ出していても考えすぎない ほか)
第2章 主要な検査値の「常識」とありがち勘違い(血圧;コレステロール・中性脂肪;血糖 ほか)
第3章 健診の賢い受け方8カ条(検査は病気ではなく「病気の可能性」を見つけるもの;健康診断に頼りすぎず、自分の感覚を大切に;大切なのは集団基準値ではなく個人基準値 ほか)

著者紹介

竹川広三[タケカワヒロミ]
1968年東京生まれ。東京医科歯科大学卒業、同大学院修了。協和病院院長などを経て、現在わかたけクリニック院長。医学博士。主に都内で救急医療・全身管理及び回復期・慢性期治療に従事。地域医療・訪問診療にも取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

近頃話題の健診の「基準値」の話。「どのくらい重要?」「ほんとうに心配な値は?」などについてわかりやすくまとめました。