ゆうゆうBOOKS<br> 夫をなくしてからのひとりの生き方―大切な人を失った喪失感、虚しさを乗り越えるヒント

個数:
  • ポイントキャンペーン

ゆうゆうBOOKS
夫をなくしてからのひとりの生き方―大切な人を失った喪失感、虚しさを乗り越えるヒント

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784072986721
  • NDC分類 367.4

内容説明

そばにいるのが当たり前と思っていた伴侶が、ある日、ひとりで旅立ってしまい、永遠に戻ってこない…。思いもよらない悲しみや苦しみを体験することになった「ひとり」のあなたへ、同じ「夫ロス」体験をした女性たちの声が力になりますように。

目次

第1章 伴侶を失うことは人生最大のストレス。遺された人が、うつ状態になることも珍しくありません。
第2章 周囲からのお悔やみの言葉、慰めの言葉にすら傷つくことが。遺された家族の心は敏感です。
第3章 ひとりで悲しみや苦しみを抱え込まず、誰かに気持ちを受け止めてもらうことが必要です。
第4章 夫の死によって経済的問題が起きた場合、悲しみに暮れてばかりはいられない状況に。
第5章 “自死”という、遺族にとってもっとも辛い死因。自責の念や、故人への怒りにさいなまれます。
第6章 夫をおそった憎い病魔。試練を共に乗り越えようとする過程で、夫婦の絆が深まることも。
第7章 夫との死別後、「ひとりの人生」を歩き始めるのは、悲嘆を体験してひと回り成長した自分。

出版社内容情報

思いがけず夫に先立たれた妻は、どのように喪失感や悲嘆から立ち直って、新たな一歩を踏み出せるか。60代を中心に約100名の女性