講談社文芸文庫<br> 装幀百花―菊地信義のデザイン

個数:

講談社文芸文庫
装幀百花―菊地信義のデザイン

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月01日 17時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 158p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784065300220
  • NDC分類 022.57
  • Cコード C0195

出版社内容情報

装幀デザインの革新者・菊地信義がライフワークとして手がけた35年間の講談社文芸文庫より121点を精選。文字デザインの豊饒なる可能性を解きあかす。カラー96ページ、解説・年譜=水戸部功

デザインにおいて、緊張を生むのは常に余白だ。文芸文庫の35年は、余白との戦いの歴史と言える。--文芸書をはじめ1万5000点以上の装幀を手がけ、日本のブックデザイン史を塗り替えた菊地信義。その革新的なデザインの真骨頂は「文字と余白」にあった。創刊以来1300点余にのぼる文芸文庫のデザインを、「斜体」「変形」「図像」「字体」「構成」から読み解く決定版作品集。

内容説明

デザインにおいて、緊張を生むのは常に余白だ。文芸文庫の三十五年は、余白との戦いの歴史と言える。文芸書をはじめ一万五〇〇〇点以上の装幀を手がけ、日本のブックデザイン史を塗り替えた菊地信義。その革新的なデザインの真骨頂は「文字と余白」にあった。創刊以来一三〇〇点余にのぼる講談社文芸文庫のデザインを、「斜体」「変形」「図像」「字体」「構成」から読み解く決定版作品集。

目次

1 斜体
2 変形
3 図像
4 字体
5 構成
エッセイ 句読点のあじ

著者等紹介

菊地信義[キクチノブヨシ]
1943・10・19~2022・3・28。装幀者。東京・神田生まれ。65年、多摩美術大学デザイン科中退。69年、広告代理店入社。72年、広告制作会社入社。77年、装幀者として独立。84年、第22回藤村記念歴程賞受賞。88年、第19回講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あや

26
睡眠障害気味の私。夏の間は眠りが浅かった。涼しくなるとともに熟睡できるようになったけれど早く目覚めるようになった。今朝4時に起きて読んでいた本。90年代講談社文芸文庫はまだバブルの残り香があったし出版文化も今ほど衰退しておらず記憶が確かなら月4冊新刊が出ていた。講談社文芸文庫というレーベルが好き過ぎて短歌に詠んだこともある。「文芸の文庫を常時満たしおる大学前の本屋を愛す」という歌で日経歌壇の岡井隆さんの選歌欄で1席を取ったことがある。その書店も今はもうない。所持している書籍多数。年譜も写真入りで絢爛豪華。2023/10/26

チェアー

4
装幀とはなんだろう。 ある人にとっては手に取るきっかけ。ジャケ買い。 ある人にとっては内容を想像されるもの。先触れ。 ある人にとっては宇宙。作品そのもの。 花はそれぞれに美しい。美しさは見る人によって違う。好き嫌いも違う。同じ「美しい」もまったく違う美しさを孕んでいる。装幀もそういうものなのかもしれない。当たり前か。 2023/02/08

東京湾

2
創刊から35年、講談社文芸文庫の装丁を一貫して手がけた菊地氏の仕事を集成。タイトルと著者名のみというシンプルなデザインに込められた"余白"への想いが、氏の言葉とデザインから伝わって来る。何よりこの文庫自体が装丁集として美しい本になっていた。2022/12/24

kaz

1
多数を並べるとかえってわかりにくくなる気もするが、一つ一つを見ると、確かに装幀にインパクトを感じる。図書館の内容紹介は『装幀デザインの革新者・菊地信義がライフワークとして手がけた35年間の講談社文芸文庫より121点を精選した決定版作品集。文字デザインの豊饒なる可能性を解きあかす』。 2023/01/14

CHACK

0
わたしが初めて装幀(ブックデザイン)を気に留めたのが、島田雅彦さんの『優しいサヨクのための嬉遊曲』だった。タイトル文字を斜めに配したデザインで、おもしろいなと装幀者のお名前を確認すると「菊地信義」とあった。それ以来、書店で表紙・背表紙の文字配列や、アルファベットで作家名を入れた物などで菊池さんのデザインかなと手に取って見るようになった。当時は菊池さんと平野甲賀さんのブックデザインが、とても際立っていたように思い出される。映画「つつんで、ひらいて」をまた観よう。2022/12/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20418036
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。