オン・ザ・プラネット

個数:
電子版価格 ¥1,463
  • 電書あり

オン・ザ・プラネット

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年08月16日 04時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 174p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784065269459
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

第166回芥川賞龍之介賞候補作。

「終わったのかな」「なにが?」「世界?」

同じ車に乗り込んだぼくら四人は、映画を撮るために鳥取砂丘を目指す。
注目の新星が重層する世界の「今」を描く、ロード&ムービー・ノベル。

「これからぼくらが話すことは、人類最後の会話になるかもしれない。
そうやって考えるとき、皆は何を話したい?」

記憶すること、思い出すこと、未来に向かって過去をみつけ直すこと。
現実と虚構の別を越えて、新しい世界と出会う旅。

群像新人文学賞受賞のデビュー作『鳥がぼくらは祈り、』に続く、23歳の飛躍作!

内容説明

「終わったのかな」「なにが?」「世界?」同じ車に乗り込んだぼくら四人は、映画を撮るために鳥取砂丘を目指す。注目の新星が重層する世界の「今」を描く、ロード&ムービー・ノベル。第166回芥川賞候補作。

著者等紹介

島口大樹[シマグチダイキ]
1998年埼玉県上尾市生まれ。横浜国立大学経営学部卒業。2021年、「鳥がぼくらは祈り、」で第64回群像新人文学賞を受賞。同作が第43回野間文芸新人賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

207
第166回芥川賞受賞作&候補作第二弾(2/5)です。島口 大樹、初読です。著者が大学の後輩(しかも同じ学部)で埼玉県在住ということで親近感が湧きました。人類滅亡に近い状態での群像劇、特殊な状況の割にはのんびりとした不思議な世界観でした。「皆のあらばしり」よりは好いですが、芥川賞には推しません。 https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=00003619832022/01/24

美紀ちゃん

71
この世界じゃないどこかに、弟がいる!と思っているトリキ。 若者が話す、今時の言葉や、言い方などがずっと続くが、 リズム感がいいので読みやすい。 ゴミなのか?海に落ちている物を集める女子について、あるいは犬の散歩について話すマーヤ。 浜松のトリキの実家に泊まり、鳥取へ。 「世界って何?」 話が尽きない。 青春だなぁと思う。 表紙も印象的。 芥川賞ってこうだよ、結局何だろう?わからん!って感じ。 登場人物の島口って作者? 1羽持ち帰った鳥の話は、ホラーのようで怖すぎる。終わり方の印象が強い。2022/02/06

うののささら

70
タクシー運転手の話じゃないけどロードムービー撮る話。穏やかに滅ぶ世界の哲学的な映画。虚構の世界は現実の中にある。現実の日常は複雑に入り組んだ奇跡的な一回の連続。記憶の井戸に入り混んでしまうと思い出すたびに事実から遠のいてしまう。思い出してることが自分がつくったもので過去とは忘れるもの。純文学ってこんな感じか。学生が語り合いそうな話で面白かったです。2022/04/16

ヘラジカ

60
『ナイト・オン・ザ・プラネット』の影響を受けていることを示唆されているだけあって、突発的でとりとめのない会話が随所に挟まれる、揺蕩うような雰囲気を持った小説。大のジャームッシュ好きとしては楽しまずにはいられない。観念的で感覚の絶対性を揺るがすような話題には奇妙な親近感があり、友人同士の”駄弁り”を傍で聞いているように錯覚してしまうことも。独特な言い回しをする冗漫でモノトーンな文章表現にも、慣れてくると不思議な臨場感を感じた。他のジャームッシュ作品で言うと初期三部作や『コーヒー&シガレッツ』も思い出す。2022/01/03

いっち

51
大学生4人が、映画を撮るために車で鳥取へ向かう。映画の内容は、世界が終わるときに残った4人の会話劇。鳥取への道中と鳥取での映画シーンが描かれる。哲学的な問いが会話の中心で、難しい。大学生たちに語られる記憶や時間の話が空虚に感じる。「結局、何?」と突っ込みたくなる。男性が同じようなキャラばかりで、魅力的な登場人物がいなかった。島口という、作家と同じ名前の人物が作中に出てきたのには驚いた。島口いわく、この小説は事実らしい。だから何? 私の理解を超えている。他の人の感想が気になる。本作の評価ポイントを知りたい。2022/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19183465

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。