介護ライブラリー<br> 東大教授、若年性アルツハイマーになる

電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

介護ライブラリー
東大教授、若年性アルツハイマーになる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784065266687
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

出版社内容情報

元脳外科医で、最高学府の教授でもあった夫・若井晋。
その彼が若年性認知症になるとき、本人は、そして家族は、どうしたのか。

長い苦悩をへて病を受け入れ、新たな道へと踏み出した
夫婦の軌跡を、妻・若井克子が克明に描き出す。

●当事者・若井晋が語る「認知症の人から見た世界」とは?
「最初は『何でだ』と思っていました」
「けれども私は私であることがやっとわかった」
「私が見ている感じと、みなさんが見ている感じが違うんです」
「僕の住んでいる世界は、たいへんなんだよ」
「『大変だったなあ』と一言、言ってくれればよかった」

【著者・若井克子の言葉・・・本文より】
晋は若年性アルツハイマー病になって、知識を、地位を、職を失った。
それは、世間からは「地獄」に見えるのかもしれない。
だが私には、むしろ、すべて失ったことで「あるがまま」を得て、
信仰の、人生の本質に触れたように感じられるのだ。

病は人生の一過程に過ぎない。認知症になっても、私は私であることに変わりはない――。
認知症患者800万人時代を生きるための必読書がここに!

内容説明

無教会派クリスチャンの医師にして、世界を股にかけた「国際地域保健学」の専門家。5つの言語を学び、学会誌の編集委員を務め、最高学府の教授でもあった夫・若井晋。地位を、知識を、そして言葉を失うとき、彼は、そして家族はどうなるのか。最期まで歩みを共にした妻が、ありのままを描き出す!

目次

第1章 旅に出る―診断、そして東大を離れて南へ
第2章 南国の日々―沖縄で見つけた、ささやかな居場所
第3章 告白―アルツハイマー病を公表する
第4章 人々のなかへ―講演行脚の日々と、気づかされたこと
第5章 彼の住む世界―晋は何を感じ、考えているのか

著者等紹介

若井克子[ワカイカツコ]
香川県生まれ。日本女子大学在学中にキリスト教に入信。卒業後は徳島県の県立高校などで家庭科教諭を務め、1974年、勤務医だった若井晋と結婚する。99年に夫が東京大学の教授に着任するが、若年性アルツハイマー病とそれにともなう体調不良により、2006年に早期退職。以後は、認知症の当事者とその家族として各地で講演活動を行いながら、2021年に夫が永眠するまでサポートを続けた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

trazom

103
東大医学部の若井晋教授が、同じ漢字を繰り返し練習しているノートの写真が掲載されている。脳外科の専門家が、54歳の自身の認知症を疑うことは、どれほど残酷なことだったろうか。そんな夫と寄り添った妻の手記である。病気の進行とともに夫の苛立ちが様々な軋轢を生むが、振り回されながらも「晋の「言葉」を聞くように努めよう」と気付く著者。高橋三郎先生の聖書集会で知り合い、共に信仰を誓った二人だからこそ歩むことのできた道のりである。4人の子供の優しさも美しい。この本は、著者の信仰告白であり、夫と家族に対する愛情告白である。2022/06/14

itico

73
よりにもよって脳外科の教授が若年性アルツハイマーに罹ってしまった。何かの冗談としか思えない。ご本人も病気を受け入れるまで何年もかかったと言う。支え続けた奥様も大変だったろうが、症状が進むにつれて、何が言いたいのか、何をしたいのか、どんな気持ちなのかが傍にいながら伝わらないのは、お互いが辛いことだろう。認知症に対する三原則「怒らない、ダメと言わない、押し付けない」を心に刻み付けておこう。他人ごとではない。 2022/05/04

けんとまん1007

70
自分が病気になるということ、それを認識し、受け入れること。病状によるとは思うが、なかなか受け入れがたいものがある。自分自身の経験からそう思う。どこかで、間違いであてほしい・・と思うこころがある。もちろん、それは、本人だけでなく、家族にとっても同じこと。若井先生の奥様がしたためられた記録がここにある。決して悲嘆にくれることなく、かつ、意地を張ることもない姿が尊いと思う。病状を理解し、本人を思いやり、ただ、決して甘やかしすぎることのない周囲の環境ほど、得難いものがないと思う。2022/05/16

アーモンド

19
家族が思う以上に、何かがおかしいと自分で自覚する恐怖は、罹患した人でないとわからないであろう。ましてや、ご自身が医師であればなおさらかもしれない。誰にでもなりうる病であることを心の片隅に留めておく事が大切。2022/05/15

TITO

14
若年性アルツハイマーを発症した元教授の奥様の手記。結構、明るく書いてあるけど、もっと大変なことも多いだろうと想像しながら読みました。でも、漠然と恐れているよりも励みになることも沢山書かれていました。2022/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19045591

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。