星海社FICTIONS<br> 佐藤友哉デビュー20周年記念復刊企画 フリッカー式―鏡公彦にうってつけの殺人

個数:

星海社FICTIONS
佐藤友哉デビュー20周年記念復刊企画 フリッカー式―鏡公彦にうってつけの殺人

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2022年01月26日 18時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 419p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784065261521
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

ゼロ年代を彩る傑作にしてデビュー作! 戦慄の19歳こと佐藤友哉の“鏡家サーガ”のすべてはここから始まった! 解説・斜線堂有紀

内容説明

妹が死んだ。自殺だった、と僕のイカれた家族は云うが。そして現れた男。手にはビデオ。内容は妹のレイプ中継。渡されたのはレイプ魔どもの愛娘達の克明すぎる行動表。こうされちゃあ、する事は一つ。これが自然な思考だね。そして僕は、少女達の捕獲を開始した。その果てに…、私は病気。でも誰にも相談できない。絶対に云えないよ。七十七人の少女を屠った連続殺人犯、突き刺しジャック。彼が少女を殺す時…彼の視覚が私の視覚に接続するの。怖いよ。もう駄目。しかも彼は、私の存在を知っている。そして私は、彼に立ち向かってしまった。その向こう側に、こんな馬鹿げた世界が用意されているなんて知りもせず。ゼロ年代きっての“鏡家サーガ”がいま蘇る…!

著者等紹介

佐藤友哉[サトウユウヤ]
小説家。1980年生まれ。2001年に『フリッカー式―鏡公彦にうってつけの殺人』(講談社ノベルス)で第21回メフィスト賞を受賞しデビューする。2007年『1000の小説とバックベアード』(新潮社)で三島由紀夫賞を受賞。近年では純文学をメインフィールドとして活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

芙蓉

11
ゼロ年代メフィスト賞出身作家に飲み込まれた青春だった。戯言シリーズ西尾維新。JDCシリーズ清涼院流水。薬屋探偵妖奇譚シリーズ高里椎奈などで性癖を拗らせた。しかし佐藤友哉の鏡家サーガは実は初読である。ノベルスの頃に読んでみようとはしたがうまく合わずに未読だった。そしてそれから時は流れて今の推し作家である斜線堂有紀さんが推しに推していて復刊するというので今回読んでみた。ああこれは未熟な自我の時に読んでいたら所かまわず歪んで成長するやつ!!家族の兄妹すべてが壊れている鏡家。最愛の妹を失った公彦が選んだ末路とは―2021/12/28

ほたる

11
復刊で再読。なぜか読んでるときはスラスラいけてしまうし、読み終わってみればめちゃくちゃなことをやってるとしか思えないが、それでもこの鏡家にまた会いたいと思ってしまう。斜線堂有紀先生の解説もまた、頷けるところばかり。「お兄ちゃん」2021/11/28

椎名

8
初佐藤友哉。ほぼ解説目当てに購入したが、懐かしいメフィスト作品臭全開という具合でしっかり楽しめた。ミステリー、SF、様々なジャンルのごった煮で、そこにサブカル要素が加わることで上手く纏まりが出ていたのは面白い。笑顔で殺されていく少女たちの謎をこう回収するかと思わされた。2022/01/03

東京湾

7
高校生以来の再読。妹の死、殺意の完成、意味なき復讐。迸る衝動と倒錯する欲望が暴力と狂気を撒き散らしながらノンストップで疾走する、ゼロ年代の記念碑的怪作。この壊れた人間による壊れた世界のための壊れた物語は、今なお鮮烈な戦慄を与えてくれた。こういう自壊寸前のギリギリなバランスで描かれた物語を自分は求めている。2021/12/07

toriaez

3
本の帯なんかでたまに「ジェットコースター級のサスペンス!」とか言ってるけど、なーにがジェットコースターだ、佐藤友哉は違法運転だぞ! 「しっかりスリリングに! でも逸脱しないように……」とキチキチとコースをメンテナンスした小説とはわけが違う。その分リズムがめちゃくちゃで読みにくいんだけどスムーズさが無くても圧倒的にグルーヴがある。急アクセル急ハンドルクラクション連打の運転手、その助手席で爆笑する感じ。ああ爽快。復刊で爆売れして欲しい。あなたのガードレールをぶち抜いてしまえよ。2021/12/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18925427

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。