講談社+α新書<br> 考える、書く、伝える 生きぬくための科学的思考法

個数:
電子版価格 ¥935
  • 電書あり

講談社+α新書
考える、書く、伝える 生きぬくための科学的思考法

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2021年06月15日 04時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 263p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065231197
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C0237

目次

はじめに―「学問への扉」をきっかけに
序章 仲野ゼミのテーマ―学び方がわかれば怖いものなし
第1章 本番開始!―自分の「考え」をレベルアップする 第一回、第二回授業
第2章 最低限のノウハウ1―「科学的な考え方」を伝授 第三回授業
第3章 最低限のノウハウ2―論文とプレゼンの方法論 第三回授業
第4章 実践編 初めての個人論文―欠点を見つける秘訣 第四回~第六回授業
第5章 実践編 改善した個人論文―整理して伝え方を変える 第七回、第八回授業
第6章 実践編 グループで作る論文―正解のないテーマをどう料理!? 第九回~第十四回授業
第7章 授業終了―みんなの感想、ちょっと自画自賛、そして最後の指導
おわりに―みんなからの言葉、みんなへの言葉

著者等紹介

仲野徹[ナカノトオル]
1957年、「主婦の店・ダイエー薬局」が開店した年、同じ街(大阪市旭区千林)に生まれる。大阪大学医学部医学科卒業後、内科医から研究の道へ。ドイツへ留学し、ヨーロッパ分子生物学研究所(EMBL)研究員、京都大学医学部講師、大阪大学微生物病研究所教授を経て、2004年から大阪大学大学院医学系研究科教授。専門は病理学、「いろんな細胞はどうやってできてくるのだろうか」学。2012年には日本医師会医学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。