講談社学術文庫<br> オスマンvs.ヨーロッパ―“トルコの脅威”とは何だったのか

個数:
電子版価格 ¥1,155
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社学術文庫
オスマンvs.ヨーロッパ―“トルコの脅威”とは何だったのか

  • 新井 政美【著】
  • 価格 ¥1,155(本体¥1,050)
  • 講談社(2021/03発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(~8/31)
  • ポイント 20pt
  • 提携先に5冊在庫がございます。(2021年07月30日 23時19分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065228456
  • NDC分類 226.6
  • Cコード C0122

内容説明

ヨーロッパが「トルコの脅威」と力説するオスマン帝国は、「トルコ人の国家」でも「イスラム教徒だけの国家」だったわけでもない。宗教的寛容性と強力な中央集権体制をもち世界帝国を目指す「先進国」への恐れこそが、「ヨーロッパ」をつくり、近代化を促したのだ。数百年にわたる多宗教・多言語・多文化の共生の地が、民族・宗教紛争の舞台になるまで。

目次

プロローグ―「トルコ行進曲」の起源
第1章 オスマン帝国の起源(ユーラシア草原を西へ―トルコ系遊牧民の西漸;トルコ族のイスラム化とアナトリアのトルコ化 ほか)
第2章 ヨーロッパが震えた日々―オスマン帝国の発展(オスマン朝の興隆―ムラト一世とバヤズィト一世の時代;世界帝国への道―メフメット二世とコンスタンティノープル征服 ほか)
第3章 近代ヨーロッパの形成とオスマン帝国(普遍帝国オスマン―「壮麗者」スレイマン一世とウィーン包囲;オスマン対ハプスブルク ほか)
第4章 逆転―ヨーロッパの拡張とオスマン帝国(最初の暗雲―スレイマン一世の死;変化の兆し―一六世紀後半のヨーロッパ ほか)
エピローグ―「トルコ軍楽」の変容

著者等紹介

新井政美[アライマサミ]
1953年生まれ。東京大学大学院東洋史専攻博士課程単位取得退学。東京外国語大学名誉教授。トルコ歴史協会名誉会員。専攻はオスマン帝国史、トルコ近代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。