講談社文庫<br> 女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

講談社文庫
女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年01月17日 12時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065215579
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

有象くんと無象くんは、冴えない大学生。モテたい!が脳内をめぐり、他人の恋愛話も気になってしまう。ふたりを凹ましたイケメンくんが、突如奇行に及んだ理由とは?一筋縄ではいかない男女の恋愛問題に箴言を織り交ぜ、性格をそのまま登場人物名にしてきわだたせた新趣向でえがく王道青春コメディー。

著者等紹介

東山彰良[ヒガシヤマアキラ]
1968年台湾生まれ。5歳の時に日本に移る。2002年『逃亡作法 TURD ON THE RUN』で「このミステリーがすごい!」大賞銀賞・読者賞を受賞しデビュー。2009年『路傍』で大藪春彦賞、2015年『流』で直木賞を受賞。『罪の終わり』で2016年中央公論文芸賞受賞。2017年『僕が殺した人と僕を殺した人』で織田作之助賞受賞、読売文学賞、渡辺淳一文学賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。