講談社ラノベ文庫<br> 冰剣の魔術師が世界を統べる〈2〉―世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する

個数:
電子版価格 ¥737
  • 電書あり

講談社ラノベ文庫
冰剣の魔術師が世界を統べる〈2〉―世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年09月29日 12時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 398p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065213308
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

名誉をかけて三つの魔術学院同士がぶつかり合う、魔術剣士競技大会がついに始まろうとしていた。
【冰剣の魔術師】レイは、自らは魔術領域暴走がまだ完治していないため出場できないものの、大会の運営委員をつとめることになる。
新人戦に出場するアメリアの最大のライバルは、彼女の幼馴染みにして、三大貴族が一つオルグレン家の長女、アリアーヌ=オルグレン。
圧倒的な実力の彼女に、アメリアはレイの女装やブートキャンプといったサポートを得て挑む。
一方でレイは、大会の陰に潜む、帝国の暗殺者に立ち向かい……!? 
籠の中の鳥は、やがて自由に羽ばたく翼を手に入れ、大空に舞う――。
コミカライズも好評連載中の王道学園ファンタジー、待望の第二弾! 

内容説明

名誉をかけて三つの魔術学院同士がぶつかり合う、魔術剣士競技大会がついに始まろうとしていた。“冰剣の魔術師”レイは、自らは魔術領域暴走がまだ完治していないため出場できないものの、大会の運営委員をつとめることになる。新人戦に出場するアメリアの最大のライバルは、彼女の幼馴染みにして、三大貴族が一つオルグレン家の長女、アリアーヌ=オルグレン。圧倒的な実力の彼女に、アメリアはレイの女装やブートキャンプといったサポートを得て挑む。一方でレイは、大会の陰に潜む、帝国の暗殺者に立ち向かい…!?籠の中の鳥は、やがて自由に羽ばたく翼を手に入れ、大空に舞う―。コミカライズも好評連載中の王道学園ファンタジー、待望の第二弾!

著者等紹介

御子柴奈々[ミコシバナナ]
『冰剣の魔術師が世界を統べる』がデビュー作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

まっさん

23
★★☆ 超王道ファンタジー作品第二弾。前巻と同様に今巻も全体的に王道展開で物語が進み、新たなヒロインが登場しつつ、メインヒロインであるアメリアを深掘りするという構成までもがThe・王道という流れであった。展開・ヒロインの雰囲気が少し量産型の気配を感じてしまうが、web発作品ということもあってこの辺りは致し方ないのかなとも思うものの、俺TUEEEE作品の割に肝心の俺TUEEEE要素をあまり感じられないというか、はっきり言ってしまうと爽快感が殆どない上に展開も地味で華がないように感じられるところはかなり→2021/07/13

げんごろう

13
舞台は魔術剣士競技大会。 完璧な人間など存在しない。 弱い自分と向き合い、苦悩しながらも大空へ羽ばたこうとするアメリアの強さが美しく、その熱い展開に心が揺さぶられました。 コメディ要素も多く面白さが一気に加速してきた印象。それにしてもネタだと思っていたブートキャンプががっつり絡んでくるとは。 レイの鬼教官っぷりも面白かったです。2020/11/12

真白優樹

7
三つの魔術学院同士がぶつかる競技大会へレイが運営側で参加する中、彼に師事したアメリアが強敵達と戦いを繰り広げる今巻。―――限界を超えた先、因果を覆す翼で羽ばたけ。誰かの言に常に縛り付けられていたアメリアが、レイや仲間達の助けを借り自分だけの魔術を掴む、熱い戦いが目白押しの巻であり、レイもまた帝国の刺客との戦いを繰り広げる、二巻にして一気に熱さを増すと共にそれぞれのキャラの別の魅力が深堀りされる、確かな意味で更に面白さを増してくる巻である。一つの季節のその先、そこで待つ日々とは。 次巻も勿論楽しみである。2020/11/01

416

3
シリーズ第二巻、魔術剣士競技大会ことアメリア回ということでしたが、安定して楽しく読ませていただきました。概ねweb版通りの進行で、やはり完成度の高い作品だなあと改めて思わされました。魔術体系等の設定が作中でしっかり描写される個人的にくるものがあります。しかし未だにイラストとの違和感が拭えませんね・・・。優男とロリ寄りの描写がちょっと苦手なんですよね。何はともあれ次はレベッカ先輩回になるのか、短篇なのかはっきりしませんが、次巻以降も楽しみですし、web版もあわせて今後に期待大です。2020/10/31

ARI

2
いやぁ、ページ数400に近い大ボリューム。見所満載でしたね。競技大会。そこに挑むアメリアの心中。不安。恐れ。悩み。それを心配するレイもまた初めてできた友人の距離感へ戸惑い。躊躇。 そんな心情に深く触れながら、丁寧に描かれる魔術理論とその戦闘、他の個性豊かなキャラクターたち、そしてレイの強敵となりそうな存在、などなど本当に見所が多すぎる。次巻はエリサとか、今回登場した二人の女の子に焦点当たったりするのかな? また、楽しみですね。2020/11/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16849991

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。