ブルーバックス<br> アスリートの科学―能力を極限まで引き出す秘密

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

ブルーバックス
アスリートの科学―能力を極限まで引き出す秘密

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月18日 05時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 252p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065194447
  • NDC分類 780.1
  • Cコード C0275

出版社内容情報

スポーツにおける最高峰の戦いは、スポーツ科学、医学、情報、そしてテクノロジ―を駆使したものへと大きく変化を遂げています。ナショナルチームの育成やサポートなどの中心にいる、国立スポーツ科学センターのセンター長である著者が、スポーツに欠かせない科学の力とは何か、さまざまな面から、スポーツ科学の最前線を解説します。スポーツ競技の側面を知ることで、オリンピックをはじめとする、ハイレベルのスポーツ観戦をより深く楽しめます。、また、アスリートでなくても、体づくりや健康のため、またスポーツ上達のために参考になる内容も。
第1章 記録はなぜ伸びるのか。競技はなぜ進化するのか
(スポーツの高速化と高度化、なぜ日本は陸上100m×4リレーで勝てるのか、水泳競技の高速化、スピードスケートの科学、体操競技は50年でウルトラCからウルトラIへ、サッカーも分析力の差がチーム力の差に)
第2章 アスリートを支えるサイエンス・テクノロジー
(車いす競技と義肢競技の進化、義足のほうが速く走れるのか、なぜパラリンピアンは8m跳べるのか、判定に大活躍のハイスピードカメラ、テニスのチャレンジは軍事技術!? ゴルフ上達ツールに迎撃ミサイル技術、もはやGPSなしでは語れないスポーツ)
第3章 アスリートはいかに効率的に身体を作っているか
(運動、栄養、休養の科学的セオリー、食事のタイミングでパフォーマンスは劇的に変わる、アスリートにとって休養とはなにか、リカバリーが勝負を決める)
第4章 ウェイトコントロールの科学
(アスリートと一般人の減量の違い、水分を減らすかと脂肪を減らすか、世界初のMRI画像で見える減量プロセス、なぜ吉田沙保里と伊調馨はかつ続けられたのか、アスリート研究から見た一般人のダイエット)
第5章 アスリートと水分
(水分補給もスポーツの一部、競技で異なるアスリートが競技中に飲んでいるもの、箱根駅伝ではオリジナルドリンクを飲めない!?、個人差が大きい汗の成分、スポーツドリンクの進化)
第6章 環境とパフォーマンスの科学
(暑さのなかで記録はのびるのか、暑熱順化と寒冷順化とは、高地トレーニングが日本のスポーツを強くした、低酸素トレーニングの可能性)
第7章 コーチングの科学――スポーツ心理学最前線
(オランダの最前線の取り組みとは、選手の人生全体を見るコーチング、究極のコーチングとはなにか、映像技術の進化とコーチング、コーチのいらない未来のコーチング)

内容説明

なぜスポーツのレベルはどんどん上がっていくのか。アスリートのメンタルが強くなっているのはなぜか。どうしてパラスポーツが更におもしろくなってきたのか。世界強豪各国が競って研究するリカバリーとは?―生理学、栄養学、心理学からトレーニング理論まで、アスリートを支える最新のスポーツ科学を紹介。

目次

第1章 アスリートの記録はなぜ伸びるのか。競技はなぜ進化するのか
第2章 アスリートを支えるサイエンステクノロジー
第3章 アスリートはいかに効率的に身体を作っているか
第4章 ウエイトコントロールの科学
第5章 アスリートと水分補給
第6章 環境とパフォーマンスの科学
第7章 コーチングの科学―スポーツ心理学最前線

著者等紹介

久木留毅[クキドメタケシ]
国立スポーツ科学センターセンター長。専修大学教授。1965年生まれ。筑波大学大学院体育研究科修了。スポーツ医学博士。法政大学大学院政策科学専攻修了。英国ラフバラ大学客員研究員、スポーツ庁参与、日本パラリンピック委員会(JPC)特別強化委員会委員、ASPC(国際スポーツ強化拠点連合)アジア大陸理事、UWW(世界レスリング連合)科学委員、日本オリンピック委員会(JOC)情報戦略部門・部門長、日本レスリング協会ナショナルチームコーチ兼テクニカルディレクターなどを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

テイネハイランド

14
図書館本。近年、日本のスポーツ選手のオリンピック競技での活躍が目立ちます。著者の所属する国立スポーツ科学センター(著者はセンター長)が縁の下の力持ちとして機能したのもその一因かと思われます。先行する諸外国を手本として、日本のスポーツ関係者がどのように各競技を科学的に分析し、アスリートたちのパフォーマンスを向上させてきたのかが、この本を読むことで少しはわかるようになりました。取り上げる項目が多いためか、体系的な知見というより細切れのトピックス紹介が多い気もしますが、情報量が結構多く読んで損はない本でした。2020/12/26

akuragitatata

1
著者が「注目せよ」という箇所に、こまごま気になるところがあるが、おおむね納得できる本。オリンピックで話題になった猛暑対策だったり減量対策だったりルール制定だったり、いろんなところでちゃんと科学的知見が生かされているのが分かる。2021/09/17

ああああ

1
最近、多くの競技種目の現場で取り入れられているのが、手掌(手のひら)冷却である。…(略)…最近では、氷の入った袋を手で握ってレースをするアスリートを見かけるようになった。(P.189)一般的に使われているコーチという言葉の由来は、ハンガリーの地名、コチ(Kocs)からきているといわれている。その町で最初に作られた四輪馬車がコチ(kocsi)と呼ばれるようになり、それがイギリスに伝わった。1840年代にオックスフォード大学で、学生が受験指導者として雇った家庭教師を運んだのが四輪馬車だったことで、学習や2021/07/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15556892

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。