ブルーバックス<br> 離散数学入門―整数の誕生から「無限」まで

個数:
電子版価格 ¥1,210
  • 電書あり

ブルーバックス
離散数学入門―整数の誕生から「無限」まで

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年05月19日 05時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 216p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065181782
  • NDC分類 410
  • Cコード C0241

出版社内容情報

離散数学の最も大切なポイントは「数える」ことにある! 
組合せの数、グラフ理論、デザイン論、無限集合の濃度……離散数学の考え方をしっかりと理解するための一冊。


離散数学は、物事を「数える」ことから始まり、現代の暗号理論、プログラム理論をはじめ、さまざま分野で注目されている数学である。
整数の概念の誕生、あみだくじ、正多面体の回転、麻雀大会の組合せなど、豊富な例と問題を通して、離散数学の基礎的な概念をわかりやすく解説する。


【本書のもくじ】
第1章 整数の誕生
 1.1 トークン
 1.2 1対1の対応の発想

第2章 素朴に数えること
 2.1 樹形図の発想
 2.2 数えることのいろいろな問題

第3章 帰納的に考える発想
 3.1 組合せに関する基本的な公式
 3.2 包含・排除の公式と全射の個数
 3.3 グラフ理論の木の個数
 3.4 ハノイの塔と13個のオモリ問題
 3.5 偶置換・奇置換の一意性の証明その1

第4章 2通りに数える発想
 4.1 グラフ理論の基礎的定理と多面体
 4.2 デザイン論の基礎
 4.3 16人の麻雀大会とカークマンの女子学生問題
 4.4 偶置換・奇置換の一意性の証明その2

第5章 対称性を用いる発想
 5.1 ダイオキシンの異性体と正多面体
 5.2 グラフの自己同型写像
 5.3 偶置換・奇置換の一意性の証明その3
 5.4 デザインの自己同型群と関連するガロア群

第6章 無限集合の濃度
 6.1 集合同士の対等
 6.2 いろいろな集合の濃度

内容説明

「数えること」は人類最大の発見である!離散数学は、物事を「数える」ことから始まり、現代の暗号理論、プログラム理論をはじめ、さまざまな分野で注目されている数学である。整数の概念の誕生、あみだくじ、正多面体の回転、麻雀大会の組合せなど、豊富な例と問題を通して、離散数学の基礎的な概念をわかりやすく解説する。

目次

第1章 整数の誕生
第2章 素朴に数えること
第3章 帰納的に考える発想
第4章 2通りに数える発想
第5章 対称性を用いる発想
第6章 無限集合の濃度

著者等紹介

芳沢光雄[ヨシザワミツオ]
1953年東京生まれ。東京理科大学理学部教授(理学研究科教授)などを経て、現在、桜美林大学リベラルアーツ学群教授。理学博士。専門は数学・数学教育。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。