講談社現代新書<br> 社長って何だ!

個数:
電子版価格
¥623
  • 電書あり

講談社現代新書
社長って何だ!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月16日 17時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065173732
  • NDC分類 335.13
  • Cコード C0234

出版社内容情報

【あなたが変われば組織も変わる!】

【部・課長必読! これからのリーダーに必要な「資質と能力」とは?】

【一歩前に踏み出す勇気が湧くアドバイスが満載!】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「決着をつける時の鉄則」
「お金は追いかけると逃げていく」
「二重人格者であれ」
「自分が未熟であることを知る」
「“グローバル・スタンダード”への違和感」
「社長と乞食は3日やったらやめられない」
「社長を辞めれば、ただのおじさん」
「世界の真のエリートは寸暇を惜しんで勉強している」
「利益至上主義と社内カンパニー制の落とし穴」
「過度な成果主義の弊害」
「女性の力をいかに引き出すか」
「後継は未熟者に任せよ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさんも疑問に思っているのではないでしょうか。

不正会計や検査データ改ざんなど、大手企業の不祥事が相次いでいます。

不正が発覚するたびに謝罪会見で深々と頭を下げているリーダーや社長とは
どういう存在なのか。

あるいは、そうした不祥事をきっかけに大企業経営者の役員報酬が注目されますが、
飛び交っているのは一般庶民には縁のないケタ外れの金額です。

これだけ巨額の報酬を手にする社党とはいったい何者なのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本書では会社を率いるトップを「社長」あるいは「経営者」と表現しています。

しかし、これは時と場所によっては、部長や課長といった各部署のリーダーに
置き換えることも可能です。

会社組織に限りません。

いま、政治、経済、教育、スポーツ、世界中のあらゆる分野で、かつてのエリートや
知識層といわれるリーダーに対する不信感が渦巻いています。

日本人は本来、すぐれた資質を有しています。その能力をどう伸ばし、どう生かすかは
リーダーの双肩にかかっています。

本書は、日本の未来を拓くリーダーの意義と役割について、
あらためて考えるための本です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【本書のおもな内容】

はじめに――リーダー不振の時代に問う
第1章 孤独と覚悟
第2章 資質と能力
第3章 報酬と使命
第4章 自戒と犠牲
第5章 信頼と統治
第6章 後継と責任おわりに――社長の器以上に会社は大きくならない

内容説明

決断するとき、誰にも相談できない「孤独」が人を強くする―。部・課長必読!これからのリーダーに必要な「資質と能力」

目次

第1章 孤独と覚悟―攻めと守りを同時に行う
第2章 資質と能力―畏れを知るべし
第3章 報酬と使命―社長で稼ごうとは思わない
第4章 自戒と犠牲―ビジネスは義理人情で動く
第5章 信頼と統治―人のつながりが不祥事を防ぐ
第6章 後継と責任―「社員の喜び」こそがリーダーの感激

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あすなろ

51
元伊藤忠社長・中国大使の丹羽氏の本。氏の本は結構読んでいるなと改めて読了後思います。それはやはり謙虚に己の身をわきまえ、勉強するということに惹かれているから本を手にしているのだと思います。本書は社長業並びにその予備軍について書かれた本。二重人格・現場確認・孤独・精神衛生上、他人に過度な期待しない・勉強等そのわきまえが書かれており、諸々勉強や気付きがありました。2020/01/13

大阪魂

43
社長って何だ!バブル崩壊後に伊藤忠社長にならはって不良資産を一括処理、翌年史上最高益たたきださはった名社長!「社長は自分で判断せなあかん、孤独と覚悟!最前のときに最悪をイメージせよ!その時々のベストの判断を目指し、反省とか後悔はしない!論理と感情、温情と冷酷の二面性も大事!世界のエリートは寸暇惜しんで勉強するから読書は大事!でもやっぱ会社は人が財産!常に顔みて言葉交わしてつくった人間関係、仲間意識が組織を元気にする!人の心を変えれば組織は変わる!パワポは3枚、論点3つを1枚に!」言葉しみわたってくるねー!2023/03/27

inami

33
◉読書 ★3.5 『死ぬほど読書』など4冊目。本書では社長に求められる様々な事について考えが述べられている。経営者の第一条件は、「自分は物事を何も知らないということを自覚していること」。社長の重要な役割は、「大事な社員との信頼関係を構築すること」。最大の仕事は、「最大の資産である人間をどのようにして生かし、動かし、活用するか」・・ん〜、取り立てて特別なことがなく当たり前じゃん・・どっこい、誰もがこの当たり前が実行できないのです。電車通勤で質素な生活、未だに365日読書を欠かさない・・人柄・品格を感じますね2020/01/15

16
伊藤忠の元社長、元中国大使の丹羽さん。社長って何だ!というタイトルだけど、社長だけに言及しておらず、どちらかというと、上司って何だ!と言える内容。ところどころうちの会社の考え方と同じようなところがあって、トップとはそういうものなのか、あるいは真似をしたのか。そのあたりわからんけどまぁそういうものだよねという感。ただ、起業家社長と雇われ社長では異なる部分もあると思うので、どちらかというと起業家の方には向かない内容かもしれない。2020/02/28

TAKA0726

15
経営者に求められる資質➡︎チャレンジ精神、決断力、克己心、統率力、洞察力、倫理観、使命感。会社は体を張って働いている社員のもの。社長は、感情的と論理的な側面を持つ二重人格者であれ。自分が未熟であることを認識し、最善なときに最悪をイメージする。トップの条件は過去は振り返らず忘れること。経営で成功する条件は、生き方が誠実で、嘘をつかず、方向性を間違えないこと。いつまでも社長の席に居座らない、任期はせいぜい6年。会長の「かい」は快適の快、副社長の「ふく」は幸福の福。社長の器以上に会社は大きくならない。2020/01/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14855589
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。