講談社文芸文庫<br> モナリザの微笑 ハクスレー傑作選

個数:
電子版価格 ¥1,672
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文芸文庫
モナリザの微笑 ハクスレー傑作選

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月21日 19時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 284p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784065162804
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

『すばらしい新世界』で21世紀に世界が抱える問題を先取りしたハクスレーの小説集。名訳者が精選し、訳し下ろした5つの傑作短篇。

内容説明

ディストピア小説の金字塔『すばらしい新世界』、音楽の対位法を駆使した傑作『恋愛対位法』等、その博覧強記と審美眼で二十世紀文学に特異かつ確固たる地位を占めるハクスレーの本領を示す短篇集。三人の女性との恋愛が徐々にミステリ色を帯びる「モナリザの微笑」、朝食から昼食までの間に文芸評論家が財界の巨人の人生と思想を語り尽くして圧倒する「チョードロン」他。これぞ小説の醍醐味!

著者等紹介

ハクスレー,オルダス[ハクスレー,オルダス] [Huxley,Aldous Leonard]
1894.7.26~1963.11.22。小説家、批評家。イギリス生まれ。オックスフォード大学卒業。小説、文明批評のほか、神秘思想・精神世界へも造詣が深く、精神科医の指導のもと自ら幻覚剤(メスカリン)を使用した経験を記した『知覚の扉』などの著作でも有名。代表的な小説に『恋愛対位法』『すばらしい新世界』『ガザに盲いて』『島』他がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

NAO

80
博覧強記の奇才オルダス・ハクスレーの本領発揮の短編5つ。『モナリザの微笑』はミステリのようだが、才能があるにもかかわらず無為に過ごす有閑知識人など生きるに値しないとでもいうようなラストにハクスレーらしさを感じる。「アリとキリギリス」の逆パターンのような『小さなメキシコ帽』や『半休日』は、主人公の思いとまったく逆に話が進むという何とも皮肉な話。ハクスレーはあらゆることに秀でているごく少数の天才で世界は変えられていくと考えていたというが、そういった天才が悲劇的な目に遭う『天才児』は、天才への愛が溢れている。2019/07/27

藤月はな(灯れ松明の火)

69
表題作は再読だが、ハットン、腹立つわ・・・。だからこそ、自分は高潔だと嘯きながら俗物満々で女性への敬意がない男が陥る落とし穴に意地悪くもニヤリとしてしまう。「天才児」は万有の才能を持った少年の悲劇。しかも才能の否定ではなく、才能を認められてからが悲劇だったというのは現実性がある。しかし、現実味がありながらもその苦味が強すぎずに甘やかな哀愁へと変わるのはそんな天才児への温かい視点が作者の筆から溢れているからだ。「半休日」は夢見ていた事と現実のギャップのあるあるに苦笑。2019/08/13

ふみふみ

6
表題作は一人称が「おれ」の上流階級知識人。サイコパスっぽいキャラがなんだか筒井康隆の短編を読んでるような気分にさせます。「天才児」は含蓄に富んだ悲しい話。ハクスリーらしい博識とシニカルさが入り混じった短編集でした。2021/01/09

Susumu Kobayashi

6
表題作はミステリ傑作短篇集などに収録されることのある有名作。今回は再読だがすっかり内容を忘れていた。「天才児」は希有な才能を持った少年が理解のない大人に押しつぶされる話。「小さなメキシコ帽」はイタリアでメキシコ帽をかぶっていたことから画家と間違えられたことから、不思議な老伯爵と知り合いになる。「半休日」は冴えない男がロマンスを夢見て現実とのギャップに翻弄される話。未訳だった「チョードロン」は亡くなった実業家チョードロンについて、その自伝の代作者ティルニーがチョードロンの本当の姿を語る話。2019/09/30

トマス

4
表題作ほか4作品を収録の短編集。以前読んだ『すばらしい新世界』に感動して過大な期待を抱いてしまったため物足りなさはあったが、錚々たる血筋に養われた底知れぬ教養は健在。偉大な批評家の死を裏側から語り尽くす「チョードロン」が特に面白かった。2019/07/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13899802

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。