星海社FICTIONS<br> レイジングループREI‐JIN‐G‐LU‐P〈2〉不浄の民

個数:

星海社FICTIONS
レイジングループREI‐JIN‐G‐LU‐P〈2〉不浄の民

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2019年07月17日 07時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 319p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784065156995
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

妖しげな因習に基づいた人狼伝説が今もなお息づく限界集落、休水に迷い込んだ旅行者・房石陽明を待ち受けていたのは、かつて人が殺したはずの神の使い、“おおかみ”による連続殺人だった―!“おおかみ”を排除すべく開かれた殺人儀式・黄泉忌みの宴までもが“黄泉”の狂気に侵される惨権の輪廻の果て、何度でも甦る「死に戻り」の男となった房石は、ついにこの因果の真相を突き止めるのだが―!?

著者等紹介

amphibian[AMPHIBIAN]
シナリオライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

妖しげな因習に基づいた人狼伝説が今もなお息づく限界集落、休水に迷い込んだ旅行者・房石陽明を待ち受けていたのは、かつて人が殺したはずの神の使い、“おおかみ”による連続殺人だった――!
“おおかみ”を排除すべく開かれた殺人儀式・黄泉忌みの宴までもが“黄泉”の狂気に侵される惨劇の輪廻の果て、何度でも甦る「死に戻り」の男となった房石は、ついにこの因果の真相を突き止めるのだが――!?

虚淵玄、奈須きのこ、小高和剛、日向夏、イシイジロウ、芝村裕吏、竜騎士07

虚淵玄を筆頭に、時代を牽引する7人の書き手が絶賛。
かつて、これほどの圧倒的讃歌とともに世に出た物語があっただろうか――!

第2巻解説・虚淵玄