ブルーバックス<br> いやでも数学が面白くなる―「勝利の方程式」は解けるのか?

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

ブルーバックス
いやでも数学が面白くなる―「勝利の方程式」は解けるのか?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月27日 21時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065154878
  • NDC分類 410
  • Cコード C0241

内容説明

「数学」は人類史上最大の発明だ!「ゼロの発見」はなぜ、画期的だったのか?座標の発明に貢献した意外な生きものとは?微分・積分が最速で理解できる、いちばん簡単な考え方は?「ビジネス上の決断」や「人生の選択」で役立つ数学的思考法があった!そして意外にも、算数よりずっとやさしい!?おどろきのエピソード満載で語る、誰でも楽しめる「超」入門書。

目次

第1章 数は人類の叡智の極致である―万能な記号としての「数」の誕生(700万年を要した数の発明;さまざまな数―「ゼロの発見」が拡張した世界;数の「単位」と「方向」)
第2章 「思考を整理する道具」グラフと関数―なんでも変換してみよう(座標―画期的な大発明!;なんでもグラフにしてみよう!;なんでも関数で表そう!)
第3章 数式はすごい―直感を可視化するその威力(自然現象はなぜ数式で表せるのか?;数式はどう役に立つか;天秤を数学に持ち込んだ「方程式」;確率統計に惑わされないために)
第4章 微かに分ける「微分」―本質を理解する「分割の思想」(「微分」とはなにか;「微分する」とはどういうことか―その具体的方法;微分を応用する)
第5章 分けたものを積む「積分」―「仮想の足し算」で面積と体積を求める法(「積分」とはなにか;「積分する」とはどういうことか―その具体的方法;積分を応用する;微分と積分は“表裏一体”―不可分なその関係)

著者等紹介

志村史夫[シムラフミオ]
1948年、東京・駒込生まれ。工学博士(名古屋大学・応用物理)。日本電気中央研究所、モンサント・セントルイス研究所、ノースカロライナ州立大学教授(Tenure:終身在職権付)、静岡理工科大学教授を経て、静岡理工科大学名誉教授。応用物理学会フェロー・終身会員、日本文藝家協会会員。日本とアメリカで長らく半導体結晶などの研究に従事したが、現在は古代文明、自然哲学、基礎物理学、生物機能などに興味を拡げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

南北

40
読友さん本。学校で教える数学が面白くないのは必ず答のある問題を効率よく解くためのものだからである。「数学の面白さ」はもっと別なところにあるというのが著者の主張である。微積分の概要まで書かれているが、物理学の事例で説明しているので、物理が苦手な人には逆に拒絶反応が出てしまうかもしれないが、そのあたりが乗り越えられるのであれば楽しく読めるのではないかと思った。2021/10/28

樋口佳之

28
あー、limとかインテグラムとか40年ぶりの再会でした。2021/05/03

Happy Like a Honeybee

7
雑学として。 数学の世界は万国共通なのが魅力的。 そこには為政者や愚民化を煽るメディアでも踏み込めない領域。 簡単に現実逃避できる。 積分計算で得た円錐の体積が中学時代で学習した公式と一致した瞬間、筆者は天の声を知ったらしい。2020/01/23

だいご

6
あまり面白くなかったので途中から流し読み。副題に惹かれて読んだけど、勝利の「方程式」という言葉が気に食わない、勝利の方程式は「方程式」ではないからそもそも解けないってなんじゃそりゃ…。循環小数のところも「0.3333333×3≠1は明らかである!」ってあるけど、これ0.333・・・×3≠1のつもりで書いてるなら間違ってるし、筆者が数学者ではない部分が出てしまっているように感じた。2021/02/21

じゅんつゆ

4
要再読。この本の内容が当たり前で読む必要無いと思うくらいに学力つけたい…。2020/10/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13641740

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。