講談社現代新書<br> ゆかいな認知症―介護を「快護」に変える人

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

講談社現代新書
ゆかいな認知症―介護を「快護」に変える人

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年11月30日 16時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 284p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065138182
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C0236

内容説明

おしゃべりな当事者だけが語れる、本音の本音。病気になっても人生を楽しむ秘訣。介護者との上手な付き合い方。

目次

はじめに 介護を楽にしたければ認知症の人の声に耳を傾けよう
元気な当事者の「意見と生活」
症状をオープンにするまでの葛藤
着替えに五時間 三次元の世界と格闘
絶望の六年から自信を取り戻すまで
睡眠行動障害と幻視を乗り越えて
「元やんちゃ」を支える女房と携帯
家族のため消えゆく記憶を本に残す
病状告白後も「鋼の心臓」で堂々と生きる
当事者も働けるユニークな事業所の挑戦〔ほか〕

著者等紹介

奥野修司[オクノシュウジ]
1948年、大阪府生まれ。ノンフィクション作家。立命館大学卒業。1978年から南米で日系移民を調査する。帰国後、フリージャーナリストとして活躍。1998年、「28年前の『酒鬼薔薇』は今」で、「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」を受賞。『ナツコ 沖縄密貿易の女王』で、2005年に講談社ノンフィクション賞を、2006年に大宅壮一ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

僕らも「死ぬまで人間」です――実体験をきっかけに、当事者の話を聞きに全国を巡った「旅の物語」。認知症の人の思いや本音を聞いてみると、実は家族が持っている情報が間違っているために、自ら介護を大変なものにしているのではないかと思うことがよくありました。誤解の上に成り立った介護は、介護するほうにもされるほうにも、苦痛を与えるのは当然です。彼らの心の内側を知れば、認知症と診断された人だけでなく、介護に苦労している家族にとっても貴重な情報になるにちがいない、そう確信しました。――「はじめに」より

奥野 修司[オクノ シュウジ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件