サイコミ
さよならの朝に約束の花をかざろう 〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784065133712
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0979

出版社内容情報

故郷を無くした少女マキアが出会ったのは、親を亡くしたひとりぼっちの赤ん坊だった。岡田麿里初監督アニメ映画公式コミカライズ!人里離れた土地に住み数百年の寿命を持つイオルフの民は、“別れの一族”と呼ばれていた。両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。そんな中、イオルフの長寿の血を求めメザーテ軍が攻め込んできた。仲間も故郷も失い、本当のひとりぼっちになってしまったマキアが出会ったのは、親を亡くしたばかりの“ひとりぼっち”の赤ん坊だった。

佐藤 ミト[サトウ ミト]
著・文・その他

Iorph[イオルフ]
原著

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZE@がんばれない

0
さよならの朝に約束の花をかざろう 第1巻、読了。数百年の寿命を持つ不老の民・イオルフ。別れの一族と呼ばれ、外の世界で出逢っても。誰も愛してはいけない。愛してしまったのなら、本当の孤独になってしまう。村を襲われ、事故で外に出てしまったマキアと、親を失った赤ん坊の物語。独特な世界観だな2019/07/21

jingi

0
全3巻くらいだろうか。2019/01/25

ちゃんぱち

0
★★★★☆ 長いタイトルはちょっと、と敬遠していたが初見の映画でボロボロ泣いた。故郷をなくしたアリエルが出会ったのは、同じく親をなくした赤ん坊。悠久の時を生きるアリエルの心情が切ない。また、ベタベタな恋愛ものに終わっていないのも良い。18年公開アニメ映画の公式コミカライズ。2018/12/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13228768

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。