講談社文庫<br> 溝猫長屋 祠之怪

個数:
電子版価格 ¥691
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
溝猫長屋 祠之怪

  • 輪渡 颯介【著】
  • 価格 ¥691(本体¥640)
  • 講談社(2018/11発売)
  • ウェブストア夏のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月26日 08時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 281p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784065133514
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

溝猫長屋の奥にある小さな祠に毎朝お参りする子供たちは、なぜか幽霊を「見る」「聞く」「嗅ぐ」ことができるようになるという。そうとは知らない忠次たちは、かつて子供が泥棒に殺された空き家に入り込むのだが…。祠が導く、どっきり×ほっこりの輪渡颯介人情怪談。読むとくせになる文庫新シリーズ開始!

著者等紹介

輪渡颯介[ワタリソウスケ]
1972年東京生まれ。明治大学卒。『掘割で笑う女“浪人左門あやかし指南”』で第38回メフィスト賞を受賞し、講談社ノベルスよりデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

溝猫長屋には年長になると毎朝、お多恵の祠をお参りするしきたりがある。幽霊を引き寄せる力を得た忠次たち四人はどうなる!? 猫まみれ長屋の奥にある祠に、毎朝お参りすることになった溝猫長屋の年長組、十二歳の忠次たち四人。そのお多恵の祠の力なのか、忠次たちは幽霊を感じることができるようになる。桶職人の倅、忠次は「見る」ことが、提灯屋の倅、新七は「嗅ぐ」ことが、油屋の倅、留吉は「聞く」ことができるようになった。将棋盤の職人の倅、銀太だけは何も変わらない。お多恵の祠は、はたして長屋の子供たちの守り神なのか、それとも!?  

輪渡 颯介[ワタリ ソウスケ]
著・文・その他