講談社ノベルス<br> 十津川警部 両国駅3番ホームの怪談

個数:
電子版価格 ¥702
  • 電書あり

講談社ノベルス
十津川警部 両国駅3番ホームの怪談

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月20日 14時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784065132197
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

会社員の宮田は、普段は使われていないJR両国駅3番ホームで、深夜に二人の不審な人物を目撃する。翌日、3番ホームに入り込んだ宮田と恋人の千里はランの模様が入った指輪を拾うが、ある理由から指輪の複製を依頼した宝石店の店員が殺害された。そして優勝力士と両国から館山に向かう臨時特急に乗った千里が行方不明に。3番ホームでの怪異と指輪の謎に、十津川警部が迫る!

著者等紹介

西村京太郎[ニシムラキョウタロウ]
1930年、東京生まれ。’65年、『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。’81年には、『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞に輝く。鉄道推理に新境地をひらき、トラベルミステリー隆盛の先駆者となった。2004年に第8回日本ミステリー文学大賞、2010年に第45回長谷川伸賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

普段は使われていない両国駅3番ホームで不審な出来事を見た宮田。恋人の千里とホームに入ったところ指輪を拾う。その指輪に何が?幻のホームで不審な出来事。
目撃した青年の周辺で
殺人と誘拐の凶悪事件発生!

十津川警部が着目した「知られざる悲劇」とは?

会社員の宮田は、普段は使われていないJR両国駅3番ホームで、
深夜に二人の不審な人物を目撃する。
翌日、3番ホームに入り込んだ宮田と恋人の千里は
ランの模様が入った指輪を拾うが、
ある理由から指輪の複製を依頼した宝石店の店員が殺害された。
そして優勝力士と両国から館山に向かう
臨時特急に乗った千里が行方不明に。
3番ホームでの怪異と指輪の謎に、十津川警部が迫る!


西村 京太郎[ニシムラ キョウタロウ]
著・文・その他